オフショアは準備が肝心!初めての太刀魚ジギング用に買い揃えた道具を公開!

タグ: / /
2019年06月29日

半年前から、いや、もっと前から興味を持ち、今年の新年会に決意表明をしてようやく重い腰を上げに上げて行ってきましたぁー!

初めての太刀魚ジギングぅぅ!(タチウオぉー♪ジギングゥゥゥゥ♪)

オフショアは準備が肝心

タチウオジギングを始めるにあたり、何も持って居なかったので一月前から必要な物を教えて貰い、予算と照らし合わせて揃えました。これから始める方はご参考までに!

私が買い揃えた物は・・・

クーラーボックス:シマノ スペーザライト25リットル

太刀魚は丸めてクーラーボックスに入れる事も出来ますが、捌く時に丸まっていると捌き難いという事なので少し長さのあるタイプを選びました。

ジグ:ダイワ 鏡牙ベーシック 80g〜160gを各g三色用意(ピンク・紫・赤金)

何が良いとか分からなかったので、完全なるコスパの勝利です。

ロッド:ダイワ 鏡牙 63B 1.5

初めは硬いロッドだとバイトを弾きがちだと聞いていたのでシリーズの中でも1番ティップの柔らかいロッドを選びました。これもコスパ重視!

ベイトリール:シマノ グラップラーCT150XG

デジタルカウンター付きで巻き上げ80cm以上あったのでこれもコスパ重視で選びました。

フック類:がまかつ 船宿推奨アシストフック二本入りと太刀魚しわりフックとスプリットリング#4

テールに付けるフックはジャッカルのアンチョビフックが沢山入ってコスパ良しなのでストックはそれにしました。地域によって段差針やチラシ針などが船宿で禁止されているところもあるので事前に電話やHPでレギュレーションを確認しませう。

国土交通省承認ライフベスト:私はウエストベルトタイプの物にしました。

プライヤーホルダーを付けたりポーチを付けてスマホや小銭入れなどを入れられます。

国土交通省承認でないと乗船出来ないので、調べる又はお店に行って店員さんに教えて貰いながら選んだ方が良いと思います。

バッカンの中には100円均一ショップで揃えた筆洗バケツ(筆に付いた絵具などを洗うバケツ)にジグを収納。

船縁にジグやプライヤーを置いた時に滑らない様に滑らないマット、船がポイント移動中にジグがプラプラしない様にジグホルダー、歯の鋭い太刀魚を制圧するのに使うトングの様な物。

先生のバッカンを参考にして・・・

私もマネしてみました。

その他、雨が降った時のレインジャケットや帽子、偏向グラス、ラッシュガードやマリンパンツ、デッキシューズなどなどが必要になります。

マリンパンツ迄は手が回らなかったので、UNIQLOのステテコ履いていきました。

用意は万全!!(多分)

そして仕事が23時に終わった私は………

晩御飯→車の荷物を降ろしてジギング道具と入れ替え→風呂→足りないジグを買い足しに釣具屋へ。

この時点でam2:40分!

寝る事を諦めました………だって、起きられない………

釣船店近くの駐車場に車を停める為に、少し早いが4:00には着く様にしておこうと横浜方面に出発!

向かうは新山下!

期待と夢を膨らませます・・・

今回はここまで!次回は「到着から乗船迄の流れや、実釣」をお伝えしていきます!

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: