専門家から学ぶ!水没したスマホを生き返らせる方法とは?

タグ: /
2019年06月26日

釣りに熱中するあまり、スマホを海や川の中に落としてしまった経験はないだろうか。

水の中から救出はできたものの、正しい対処法を把握していない場合も多い。

今回は、「水没したスマホを生き返らせる方法」について専門家から学んでいこう。

「水没したスマホを生き返らせる方法」とは

本動画をアップしているのは(株)あすか修繕堂という修理会社。いわば修理の専門家だ。

ご本人も2度水没させた経験を持ち、動画の内の方法でどちらも無事復活しているという。

絶対にやってはいけない事として、

  1. 乾くまで放置する
  2. 電源を入れてみる
  3. 充電してみる
  4. 何事もなかったようにする

以上の4つを挙げている。

スマホを水没させてからは対処方法を調べられないため、しっかりと正解と不正解を覚えておこう。

正しい対処法

  1. 水から引き上げたら、タオルで水分を拭き取る
  2. 分解し、内部の水分を確認する
  3. バッテリーコネクターを外し、電源が流れないようにする
  4. 液晶パネルを外す
  5. 無水エタノールをビニール袋に入れ、基盤側を水没させる
  6. 袋から取り出し、基板側をタオルで拭き取る
  7. 基板側をドライヤーで乾かす(余裕があればクレ2-26を使用する)
  8. 組み立てて電源を入れる

正しい対処法で重要な点は無水エタノールを使うということ。

エタノールは金属を腐食させず、乾燥するのも以上に早い。そんなエタノールを内部に入った水に置き換えるという作業だ。

エタノールは火気厳禁のため、換気にも気をつけて作業してほしい。

対処法を覚えておこう

スマホの水没はトラブルでもあるので、気が動転してしまうことも予想できる。

すぐに対処できるように、正しい方法を覚えておこう。

時間と金銭的余裕がある場合は、メーカーもしくは、あすか修繕堂のような修理会社で修理してもらうことをおすすめする。

この記事を読んだ人が次に読むのは

サビてしまったフックやルアーが復活!?意外なモノを使ったサビ取り裏技テクニック

ドラグのメンテナンス方法まで公開!?六畳一間の狼さんがプロに学んだ「リールのメンテナンス術」がスゴい!

80ポンドのラインがテッシュで切れる!?摩擦につよいFujiの「sicガイド」の重要性

タグ: