超小場所で良型が連発!淡路島のシークレットメバルゲーム

タグ: /
2019年06月21日

こんにちは!

月間10万アクセスの釣りブログ「淡路島ライフを運営しているスズシゲ(@szksghl)です。

だんだんと暖かくなる季節、産卵のアフターから回復したメバルをプラグで狙い撃ち!

ということで、今回はメバルのプラッギング実釣レポです!

「こんなポイントで!?」という初場所の小規模エリアで良型が連発しました。

メバル狙いの条件は上々、タイミングを逃さずエントリー

この日は満月周りの中潮でしたが、月が出るタイミングは23時ごろ。

満潮は翌0:00頃。

つまり、22時頃までは「月なし」「上げ8分」とメバル釣りの好条件が揃うわけです。

このチャンスを逃す手はない!ということで、早速フィールドへ向かうことに。

オープンエリアの堤防では沈黙するも・・・

とりあえず最初は堤防へ向かいます。

潮が効いていればいいな〜という思いで向かいましたが、先端付近にはウキ釣りの先行者2名あり。

聞けばガシラ狙いとのことだったので、堤防中程に入らせてもらいます。

メバル狙いでは初めてのポイントでしたが、青物ではよく通っているので潮の流れのイメージはバッチリ。

小型シンキングペンシルを潮上にキャストし、馴染ませ漂わせながらデッドスローでリトリーブ。

しかし、あらゆるレンジやリトリーブスピードを試しても、反応が得られません。

ポイント変更が功を奏す!小場所ながら良型メバル連発!

この堤防にメバルは浮いてないと判断し、ポイント移動。

小さな川が海へ流れ込むポイントへ。

ここも先ほどの堤防と同じく、メバルエリアでエントリーするのは初めて。

ベイトが寄ったときにシーバスは釣ったことがあるものの、さてメバルはどうだろうか?

関連記事:夕マヅメの一撃!淡路島のシーバス実釣レポート!

表層系プラグで良型メバル連発!まずはビートイート47Sで

先ほどの堤防よりは水深が浅いため、水面直下を探るべくビートイート47Sをチョイス。

別場所ですが過去にこのプラグ1本で連発したことがあるため、信じられる(=集中して投げられる)ルアーとしてチョイス。

関連記事:ビートイート47Sで連発!なメバルプラッギング実釣レポ!

まずは潮下へキャストし、ダウンクロスでデッドリトリーブ・・・反応なし。

次に正面へキャストし、クロスでデッドリトリーブ・・・反応なし。

最後に潮上へキャストし、アップクロスからのデッドリトリーブ・・・ググググン!!

突如竿先が絞り込まれ、竿がしなりっぱなしのトルクフルな走り!

メバルよりシーバスの方が多そうなポイントだったので、さてはフッコかな?と思い慎重にやりとり。

本命じゃなくても、貴重な一本・・・と寄せてみると、あれ?

本命メバルやん!

24.5cm、久々の良型メバルでした。

気になったのはフッキング位置。

口の外側に、スレがかり気味にフッキング。

明らかにルアーへバイトしてきてるものの、捕食スタイルと何かがマッチしていない・・・?

レンジとコースがわかれば、シャローマジックでメバルの追加点も!

フッキングに疑問は残るものの、レンジとコースとリトリーブスピードは完全に把握。

表層を潮上からデッドスローで漂わせればメバルからの反応が得られることがわかったので、ルアーチェンジ。

小場所なので、こまめにローテして探る作戦です。

チョイスしたのは、アクアウェーブのシャローマジック。

カラーは(アマゾンで安かった)シラウオ。

「とにかく釣れる!」と評判のこのルアー、魚がいればきっと食ってきてくれることでしょう。

潮上のアップクロス、護岸とのキワキワにキャストし、流れにのせるイメージでリールハンドルを1秒1/4回転を意識して巻いてくるとグンッ!!

上がってきたのは、シックなニシキゴイのようなボディカラーのメバル。

サイズは22cmとややダウンしましたが、こんな小場所で20cmアップがウロウロしていることが面白い。

なにかしらのベイトを意識してフィーディングに入っていたのでしょうか?

シャローマジックで追加したメバルも、ビートイート47Sと似たようなフッキング位置。

リアフックが口の外にスレ掛かり的にフッキングしていました。

完全にパターンと思えど小場所だから連発はならず。

プラグの種類を変えて各レンジを探るも反応は乏しく、潮止まりタイムを迎えたところで納竿としました。

メバルの胃の中を調べてみると、捕食していたのは・・・

今回、小場所で良型メバル連発ということで気になってストマックポンプで調べてみると・・・

(お食事中の方は失礼致します)

出るわ出るわ、大量のバチ。

と、シラスや稚メバルらしき魚系ベイト。

流されてきた流下ベイトを捕食していたようです。

道理で潮上からの表層スロー、細めのプラグに好反応だったわけです。

一般的にシーバスのバチ抜けパターンで語られるヤマトカワゴカイは淡路島での生息は多くありませんが、小指以下のマイクロバチの群泳にうまくハマったようでした。

ファットなプラグより、スリムなプラグに好反応だったことも頷けます。

小川の流れ込みというポイント選定から有力なベイトについたフィーディングモードのメバルが獲れたという感触ですが、流下ベイトを食べに集まるのであれば「下げ3分」あたりからがゴールデンタイムだったかもしれません。

以上、「超小場所で良型メバル連発!淡路島のシークレットメバルゲーム」でした!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

インスタグラムでもいろいろな魚をアップしているので、よかったらフォローしてみてください。

インスタグラム→「スズキシゲハル@淡路島ライフ

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
タグ: