「ダニエル ヘッドロック」が釣れるワケを公開!ロックフィッシュ狙いの新定番

by ジャクソン
タグ: / / / / / / /
2019年06月27日 (最終更新日:2019年08月10日)

ジャクソン[Jackson]からロックフィッシュ用ヘッド「ダニエル ヘッドロック」が発売された。

今回は、ただ巻きのみでロックフィッシュを誘惑する新型スイミングヘッドの全貌を紹介していこう。

「ダニエル ヘッドロック」とは

「ダニエル ヘッドロック」とは、ただ巻きで使える画期的なロックフィッシュ用ヘッドだ。

難しいテクニックは必要なく、誰もが同じ感覚で使えるロックフィッシュ用ヘッドというコンセプトの元で開発された。

これはロックフィッシュゲームを「より簡単に」「より楽しく」するための提案であり、初心者がメモリアルフィッシュを手にするにはもってこいのルアーだといえるだろう。

基本は「ただ巻き」でOK

「ダニエル ヘッドロック」の基本的な使い方は、キャスト後にただ巻きをするだけという初心者にも優しい超かんたん仕様だ。

ロッドの角度や巻きスピードを変えるだけで、すべてのレンジ攻略ができてしまう。

もちろんリフト&フォールで海底付近を誘うこともできるので、ただ巻きに反応がない場合には一度試してみてほしい。

ロックフィッシュを誘惑するアクション

ただ巻きをするだけでヘッドが左右に首を振り、強波動と強フラッシングを発生させる。

そしてヘッド後方に装着したワームが艶めかしく動き、ロックフィッシュを誘惑し続けるアクションだ。

ヘッド自身が鉄PANバイブと同等のアクションを演出するのに加え、ワームとブレードを組み合わせるという反則級の食わせる能力を備えたのが「ダニエル ヘッドロック」だといえるだろう。

ワームのセッティング方法

「ダニエル ヘッドロック」は、テール部にトレーラーワームを装着して使用するように作られている。

ここからはトレーラーワームのセッティング方法を紹介していこう。

ワームはまっすぐ刺そう

「ダニエル ヘッドロック」のテール部にはスクリューキーパー付きのオリジナルフックが付いている。

このスクリューキーパーはワームをしっかりと固定でき、手返し効率が下がるワームのズレを防止してくれる。

まずはこのスクリューキーパーにワームを刺し、クルクル回して根元まで差し込もう。

ワームの中心にスクリューキーパーを刺すことを意識してほしい。

スクリューキーパーにワームを刺し終えたら、ワームがまっすぐになるようにフックを刺す。

最後に根掛かり防止のために、フックの先端をワームに刺し込み、隠してあげよう。

これでワームのセッティングは完了だ。

抵抗が強すぎるワームはヘッドの動きを抑制してしまうことがあるので注意してほしい。

「ダニエル ヘッドロック」で釣れる魚

「ダニエル ヘッドロック」はロックフィッシュ用のヘッドだが、使用するフィールドやシチュエーション次第でさまざまな魚を狙えるルアーだ。

ハタ類はもちろんのこと、カサゴやアイナメ、ヒラメ、マゴチ、シーバス、青物など魚種を選ばない食わせの要素を秘めている。

これらの魚がただ巻きのみで狙えると聞けば、タックルボックスに忍ばせておかない手はないだろう。

フィールドを選ばない強さ

「ダニエル ヘッドロック」は使用するフィールドを選ばない強みを持つ。

極度の後方重心設計の恩恵である圧倒的な飛距離は、普段通っているフィールドの届かなかったポイントまで探れてしまう。

今まで出会えなかった魚と出会うためにも、堤防や磯、サーフ、オフショアなど、あらゆるフィールドで広範囲を探ってみてほしい。

幅広いタックルに対応するウェイトを用意

「ダニエル ヘッドロック」はさまざまなタックルに対応するべく、全5種類のウェイトを用意している。

  • 14g
  • 21g
  • 28g
  • 35g
  • 42g

ロックフィッシュ専用ロッドも憧れるが、まずは所有するタックルでロックフィッシュを狙ってみてほしい。

14gであれば一般的なエギングロッドでも気持ちよくフルキャストできるはずだ。

釣果アップのコツ

「ダニエル ヘッドロック」は極度の後方重心設計により、素早いフォール速度を実現した。

よってボトム感知能力が高く、着底からの巻き始めも自然と速くなり根掛かりが減少する。

根掛かりの減少は手返しの良さにつながるため、おのずと釣果アップにもつながるはずだ。

まずはボトム感知からの巻き始めをスムーズにできるよう意識してみてほしい。

ジャクソン公式チャンネル

ジャクソン

ジャクソン

1980年創業、静岡に自社工場を持つルアーメーカー。時代の洗礼を受けながらもなお、アスリートやにょろにょろ、飛び過ぎダニエルなどの世に残り続ける製品を生み出している。
タグ: