【実釣レビュー】テイルウォークの「バサル」を使ってみた!1万円で手に入る超万能ベイトリールの実力とは

by テイルウォーク
タグ: / / /
2019年07月19日 (最終更新日:2019年08月09日)

目次

  1. ベイトリールの恩恵を実感!ロックフィッシュゲームにチャレンジ
  2. 足元狙いの釣りはベイトリールに限る!?釣果に差がつく理由とは
  3. バサルの基本スペックとおすすめのベイトロッドを紹介

バサルの基本スペックを解説

驚きの汎用性とコストパフォーマンスが魅力のベイトリール「バサル」。

ここからはバサルの基本スペックについて詳しく解説していこう。

マグネットブレーキを採用

バサルはブレーキシステムにマグネットブレーキを採用している。

マグネットブレーキはスプールの回転速度に合わせてブレーキがかかるため、キャスト時にバックラッシュを起こしにくい。

ベイトキャスティングに慣れていないアングラーであっても、練習次第ですぐに扱えるようになるブレーキシステムだ。

マグネットブレーキの強さは、リール側面に備え付けられたダイヤルでかんたんに調整できる。

ベイトキャスティングに慣れていないアングラーであれば、まずは5〜6段階のブレーキを掛けておくのをおすすめしたい。

キャストに慣れてきたら徐々にブレーキを弱め、飛距離アップを目指していくといいだろう。

大幅な軽量化を実現

バサルは大幅な軽量化を実現しており、ラインを巻いた状態でも200gを下回る。

軽さは手首への負担を減らすため、長時間使用していても疲労が溜まりにくい

またスプールには、回転がスムーズな軽量アルミ製スプールを採用している。

キャストに慣れた方であれば、「上位機種に匹敵するほどの飛距離を出せる」といっても過言ではない。

長きにわたって使える

バサルは軽くて扱いやすいだけではなく、強度の高さも魅力のひとつだ。

ボディ素材には、グラファイトフレームと強化カーボン製のサイドカバーを採用している。

タフな場面で使用しても壊れにくく、長きにわたって使える相棒となるだろう。

バサルにおすすめのロッド

バサルは汎用性が高いリールなため、さまざまな個性のベイトロッドにマッチする。

ここからは今回の釣行で使用した、バサルと相性抜群のロッドを紹介していこう。

テイルウォーク「ソルティシェイプ パワーロック」

今回ロックフィッシュゲームで使用した、ベイトモデルのロックフィッシュロッド「ソルティシェイプ パワーロック」。

しなやかなブランクスが特徴で、魚に違和感を与えずフッキングに持ち込みやすい

粘り強さも申し分なく、大型ロックフィッシュと戦いたいアングラーにおすすめのロッドだ。

SALTYSHAPE DASH POWER ROCK ソルティシェイプダッシュパワーロック tailwalk.jp

テイルウォーク「ビーキャスⅡ」

今回シーバスゲームで使用した、ベイトモデルの万能ロッド「ビーキャスⅡ」。

粘り強さがあり、70センチを超えるシーバスが掛かった際でも余裕をもってやり取りができた。

バサル同様汎用性が高いモデルだけに、シーバス以外の対象魚でも幅広く活躍してくれそうだ

BEECAS II ビーキャス2 tailwalk.jp

テイルウォーク「アウトバック」

今回岸壁ジギングと穴釣りで使用した、ベイトモデルの4ピースパックロッド「アウトバック」。

堤防の足元を狙う釣りだけではなく、近海のボートフィッシングやバスフィッシングまで対応する万能ロッドだ。

継ぎ目部分の強度も万全であり、大型の魚が相手でも安心してやりとりができる

OUTBACK アウトバック tailwalk.jp

はじめての一台はバサルを選ぼう

バサルはあらゆる釣りで活躍してくれる、エントリーモデルとしてこの上ないベイトリールだ。

一台持っておくだけで、今まで手が出せなかった領域の釣りにもチャレンジできるようになる。

本記事を読んで興味を持った方は、ぜひバサルを手に入れて釣りの幅が広がる楽しさを実感してほしい。

テイルウォーク バサルをもっと詳しく

テイルウォーク公式チャンネル

テイルウォーク

テイルウォーク

ソルト・バス・トラウト…。自由な発想と新しい提案で、スタンダードからハイエンドモデルまで幅広いラインナップを持つルアーブランド。常に挑戦し続ける姿勢が、世界中のアングラーの心を掴んでいる。
タグ: