【実釣レビュー】テイルウォークの「バサル」を使ってみた!1万円で手に入る超万能ベイトリールの実力とは

by テイルウォーク
タグ: / / /
2019年07月19日 (最終更新日:2019年08月09日)

目次

  1. ベイトリールの恩恵を実感!ロックフィッシュゲームにチャレンジ
  2. 足元狙いの釣りはベイトリールに限る!?釣果に差がつく理由とは
  3. バサルの基本スペックとおすすめのベイトロッドを紹介

岸壁ジギングで使ってみた

ベイトリールは足元狙いの釣りにおいても大きなメリットをもたらしてくれる。

そこで続いては、バサルを使って岸壁ジギング(岸ジギ)にチャレンジしてみた。

足元を狙う釣りはバックラッシュが起こりにくいため、ベイトリール初心者でもすぐに使いこなせるようになるだろう。

動きの切り替えが容易

岸壁ジギングで釣果を上げるためには、フォールからシャクリへの動きの切り替えが大きなポイントとなる。

ジグの動きが止まると見切られてしまうため、いかに早くアクションを切り替えられるかが重要だ。

ベイトリールは着底と同時にリールを巻くだけでアクションを切り替えられるため、スピニングリールよりもはるかに有利といえるだろう。

フォールスピードが自由自在

ベイトリールはサミングやブレーキの調節によって、フォールスピードを自由自在にコントロールできる。

速い動きに反応がないときは、ゆっくりとしたフォールアクションを演出して誘うのがコツだ。

このようにベイトリールであれば、スピニングリールでは難しいアプローチも容易にできることを覚えておこう。

アタリがわかりやすい

岸壁ジギングでは、ファーストフォール時のバイトによく遭遇する。

ベイトリールはフォール時に糸ふけが出にくく、フォール中の微妙な変化を感じ取りやすい

小さなアタリもいち早く捉えてアワセを入れられるため、キャッチできる魚が格段に増えるはずだ。

穴釣りで使ってみた

次はバサルを使って穴釣りに挑戦してみた。

カサゴやソイ、アイナメなど、消波ブロックの中に身を潜めるロックフィッシュを狙っていく。

穴の奥まで攻められる

日中のロックフィッシュは、基本的に穴の奥深くに身を潜めている。

したがって穴釣りで釣果を上げるためには、できるかぎり奥を攻めることが重要だ

ベイトリールであれば、クラッチ操作で細かくラインを出しながらルアーを的確に奥まで送り届けられる。

着底がわかりやすい

スピニングリールは螺旋状に糸を放出するのに対し、ベイトリールは直線的に糸を放出する仕組みだ。

したがってベイトリールのほうが糸フケが出にくいため、着底した際の感覚がわかりやすい。

着底をいち早く察知できるようになれば、根掛かりが回避しやすくなる。

テンポよく攻められる

穴釣りは広範囲を釣り歩くことが重要であり、手返しの良さが釣果を左右するといっても過言ではない。

ベイトリールはクラッチを切るだけでルアーを落とせるため、魚が潜んでいそうな穴をテンポよく攻められる。

ルアー釣りに限らず、ブラクリなどを使ったエサ釣りでも同様に大きなアドバンテージを得られるといっていいだろう。

さらに幅広い場面で活躍

今回の釣行ではベイトリールの優位性とともに、バサルの汎用性の高さを存分に実感した。

しかしながらバサルが活躍できる領域は、今回チャレンジした釣りだけにとどまらない。

ベイトキャスティングや足元の釣りといった枠を超え、さらに幅広い場面で活躍してくれる。

オフショアでもOK

バサルはタイラバやスーパーライトジギングなど、オフショアの釣りにも幅広く流用できる。

巻き上げ力が強いため、100g以上のタイラバを使用した際でもストレスを感じることなく扱えた

その他にもカワハギや浅場のタチウオなど、30〜40号程度のオモリを使うエサ釣りにも最適だ。

バスフィッシングでもOK

バサルという製品名は、「BASS」+「SALT」=「BASAL」という造語から命名されている。

その名にふさわしく、バスフィッシングでも高いパフォーマンスを発揮する。

高いコストパフォーマンスを誇るため、上級者アングラーのサブ機としても重宝するだろう。

【次ページ:「バサル」の基本スペックとおすすめのベイトロッドを紹介】

タグ: