クロダイってルアーで釣れるの?「ちぬころバイブ」でシーズン初期のクロダイを攻略せよ!

by ジャクソン
タグ: / / /
2019年06月15日 (最終更新日:2019年07月11日)

毎回Jacksonさんから無理難題なミッションを言い渡されるこのコラボ企画。

今回のミッションは釣りジャックさんと共に、「ちぬころバイブ」だけでクロダイを釣れ!というもの。

本格的なシーズン前で、さらに前日降り続いた大雨の影響もあり釣況は不明。いったいどうなってしまうのか…。

【Jacksonコラボ企画第4弾】ちぬころバイブでシーズン初期のクロダイを攻略せよ

5月の浜名湖で実釣スタート!

今回釣行したのは静岡県に位置する、うなぎで有名な浜名湖。

はじめに入ったのは本湖に流れ込む小さな水路と石積みが絡むポイント。

早巻きやリフト&フォール、石積みに当てながら巻いたりと様々な方法を試しながらクロダイの反応を探っていく。

大苦戦

前日に降り続いた台風並みの豪雨により浜名湖は泥濁り。

比較的濁りの少ないエリアを探しながらランガンするも、クロダイからの反応はほとんどない。

最後まで諦めまいとキャストを続けるがあっという間に夕方になってしまった。

夕方のドラマ

夕方最後のチャンスを信じて入ったポイントは、水深が浅くクロダイが好むカキやカニが多い実績ポイント。

4人で散らばりながらキャストを続けていると、「キ、キター」とイチロー氏の声が!

良型クロダイがヒット!

イチロー氏の釣り上げたクロダイは50㎝に迫る良型。

赤金のちぬころバイブ8グラムがいい仕事をしてくれた。

釣っていない他の3人も心から喜べるドラマフィッシュとなった。

ちぬころバイブのアクションとは

ちぬころバイブはバイブレーションでありながら多彩な使い方ができるルアー。

ちぬころバイブの使い方を3つご紹介します。

ただ巻き

ロッドを固定した状態で巻くだけのアクションがただ巻き。

ブルブルとちぬころバイブがアクションしているのを手元に感じながら巻きます。

広範囲を手早く探る時や釣り場の状況をサーチするときにオススメで、早巻きでリアクションを誘発させることも可能です。

ズル引き

ルアーを底で引きずる動かし方がズル引き。

底を這うカニやエビをイメージした動きで、クロダイゲームで実績の高いアクションです。

今回イチロー氏がクロダイをキャッチしたのもこの動きで、根掛かりが少ないちぬころバイブならではのアクションです。

リフト&フォール

ズル引きでは根掛かりが多いポイント。かつ、ただ巻きでは速すぎてしまうときに有効なのがリフト&フォール。

小さく動かして食わせの動きを出したり、鋭く早く動かしてリアクションを狙うなど、動かし方はアングラー次第です。

クロダイのルアーゲームに挑戦しよう!

クロダイがルアーに好反応を示すのはこれからの暖かい時期。

皆さんもクロダイをルアーで仕留めてみてはいかがでしょうか?

強烈な引き味に病みつきになること間違いなしですよ!

「ちぬころバイブ」の水中動画はこちら

同社のYouTubeチャンネル内のオリジナル動画は見逃せないものばかりだ。

ここでしか見れない有力な情報ばかりなので、上達を望むアングラーはぜひチェックしてほしい。

ジャクソン公式チャンネル

ジャクソン

ジャクソン

1980年創業、静岡に自社工場を持つルアーメーカー。時代の洗礼を受けながらもなお、アスリートやにょろにょろ、飛び過ぎダニエルなどの世に残り続ける製品を生み出している。
タグ: