チニングにおすすめのペンシル5選!ポッパーと並ぶトップゲームの必須アイテム

タグ: / / / / / /
2019年07月04日

ポッパーとは違ったアプローチができ、トップチニングに欠かせないルアーであるペンシル。

近年では愛用者も増加しており、メーカー各社よりチヌ専用のペンシルも発売されている。

今回はそんなチニングにおすすめのペンシルを紹介していこう。

ポッパーとの使い分け

ポッパーは水飛沫やポップ音といった派手なアクションで、広範囲の魚にアピールできるルアーだ。

一方でペンシルはアピール力こそ劣るものの、弱った魚のような艶めかしいアクションを演出できる。

ポッパーに反応がないときであっても、自然なアクションを見せられるペンシルであれば食ってくることも珍しくない。

チニングにおすすめのペンシル

ジップベイツ「ザブラフェイキードッグDS」

ジップベイツから発売されている、チヌやメッキなどに実績が高いフローティングペンシル。

抜群の飛距離を出せるのが特徴で、ポイントを広くじっくりと探りたいときに最適なルアーだ。

レスポンスもとても良いため、初心者でも思い通りのアクションを付けられるルアーだ。

タックルハウス「レジスタンス クロナッツF」

タックルハウスから発売されている、チニング専用に設計されたフローティングペンシル。

横方向へのアクションを出しやすく、移動距離を抑えながらじっくり誘える

魚の活性やあらゆるフィールドに対応した豊富なカラーラインアップにも注目だ。

スミス「チヌペン」

スミスから発売されている、水押しの強さにこだわった形状のチニング専用ペンシル。

リア部分にタングステンウエイトを搭載しており、コンパクトなフォルムでありながら飛距離も稼げる設計となっている。

塩分濃度の薄い水域に適したFWモデルも展開されており、汽水域エリアの攻略もバッチリだ。

ダイワ「シルバーウルフ チニングペンシル65F」

ダイワから発売されている、キレの良いドッグウォークが魅力のチニング専用ペンシル。

後方重心のウエイトバランスに設計されており、飛距離を出しやすい形状となっている。

水面からワンアクションでダイブさせることもでき、トップまで出てこないチヌにも口を使わせられるルアーだ。

ブルーブルー「スネコン50S」

ブルーブルーから発売されている、ライトゲームに最適な小型シンキングペンシル。

水面直下で艶めかしいアクションを出すことができ、やる気のないチヌにも口を使わせられる。

トップに食ってこない魚の目線を変える一手となるため、ぜひ一本忍ばせておくといいだろう。

ペンシルでチヌを攻略しよう

ペンシルは飛距離を出してじっくり誘える欠かせないルアーだ。

ポッパーとうまく使い分けることで、釣果にグッと近づくことだろう。

本記事を参考にペンシルを選んで、トップチニングを楽しんでいただきたい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【実釣解説】夏はルアーでチヌを狙おう!チニングで釣果を上げるコツ

水面炸裂を楽しもう!トップチニングにおすすめのポッパー5選

タグ: