レベル別に徹底解説!ショアジギングロッドとリールの選び方

タグ: / / / / / / / / / / /
2017年03月16日 (最終更新日:2017年08月16日)

目次

  1. ショアジギングロッドに必要とされる要素
  2. 初心者にオススメのショアジギングロッド
  3. 中級者にオススメのショアジギングロッド
  4. 上級者にオススメのショアジギングロッド
  5. ショアジギングリールに必要とされる要素
  6. オススメのショアジギングリール
  7. 移動時や遠征に便利!オススメのロッドケース

ロッドケースも持っておくと何かと便利

ショアジギングは、青物の回遊次第では比較的近場の堤防などでも楽しめることができるが、やはり大型の魚を自分のタイミングで狙いたい、となると、離島や遠征などが増えてくる。

そういった際は、何本も竿を持ち運びする必要があるため、ロッドケースが非常に役立ってくる。大切な竿をしまっておくロッドケースだからこそ、しっかりとした頑丈なものを選びたい。

ロッドケースを選ぶ際のポイント

ロッドケースを選ぶ際は、

  • 長さ(ロッドが入るか否か)
  • ハードかソフトか

に気をつけるようにしたい。

長さ

せっかく購入したロッドケースにロッドが収納できなければ、それほど残念な買い物はない。自分のロッドの仕舞寸法、及びロッドケースの全長は必ずチェックするようにしよう。

ハードタイプかソフトタイプか

これも個人の好みになるが、基本的にハードタイプのほうが安心はできる。とくに船での移動などが多いアングラーはハードタイプにしておこう。

オススメのロッドケースを紹介

ドレス「ロッドケース」

デザイン性に優れた数々の商品を発売しているドレス[DRESS]。本製品は、水や汚れに強く、耐久性に優れた防水生地を用いているため、劣化しにくい。

また、ファスナー部分には塩ガミしにくい太番手のものを用いているため、開閉がしやすいという特徴がある。115cm、150cm、180cmの各サイズがラインナップされているので、自分が持ち運ぶロッドに合わせて選択しよう。

ダイワ「ライトロッドケーススリム(B)」

スリムタイプのロッドケースのため、あまり多くのロッドを持ち運びしない時に便利だ。内部にはロッド固定ベルトと竿同士のぶつかりを防ぐセパレートが付いている。

100cm,125cm,150cmのラインナップがあり、持ち運ぶロッドの長さに合わせて選択しよう。

シマノ「ロッドケース XT RC-122M」

ロッドにリールをセットした状態で持ち運びができるのが、このロッドケースの魅力だ。

また、サイドに配置されたポケットには、柄杓や四つ折りタモ網などが収納できるため、持ち運びが面倒なアイテムもまとめて運べる。

アブ・ガルシア「セミハード ロッドケース」

9.6ftまでのルアーロッドが収納できるハードロッドケースだ。反射材を装着したパイピングが付いているため、暗闇で光を反射して光る

そのため、夜間での使用時にロッドケースを置き忘れるリスクが少なくなる。

ダイワ「ポータブルロッドケース(B)」

ハード素材ではなく、ソフト素材をボディに用いているため、折りたたみ可能なコンパクト仕様になっている。

軽量であるため、持ち運びしやすい点も魅力的だ。ただし、ハード素材のものと比較すると、衝撃に弱いため注意が必要だ。

自分にあったロッドやリールを選ぼう

ロッドやリール選びのコツは自分に合ったものを選ぶこと。「初心者が高級ロッドを購入して3日で折ってしまった」、「女性が超ハードタックルを購入してしまい1時間しか体力が持たない」などといったことが一番不毛だといえるだろう。

自分の技術、体格、釣りたい魚に合わせて最適なロッドを選ぶようにしよう。

タグ: