レベル別に徹底解説!ショアジギングロッドとリールの選び方

タグ: / / / / / / / / / / /
2017年03月16日 (最終更新日:2017年08月16日)

目次

  1. ショアジギングロッドに必要とされる要素
  2. 初心者にオススメのショアジギングロッド
  3. 中級者にオススメのショアジギングロッド
  4. 上級者にオススメのショアジギングロッド
  5. ショアジギングリールに必要とされる要素
  6. オススメのショアジギングリール
  7. 移動時や遠征に便利!オススメのロッドケース

上級者にオススメのショアジギングロッド

シマノ「コルトスナイパー エクスチューン」

コルトスナイパーシリーズの最上位モデル。自重のあるジグやプラグを長時間キャストし続けても疲れにくい軽量設計になっている。

「ハイパワーX」と「スパイラルX」はもちろんのこと、「マッスルカーボン」を採用し、ブランクのパワーを引き出すことが可能となっている。

「マッスルカーボン」とは、カーボン素材をより高密度に束ねることで繊維の隙間を減らし、隙間を埋める樹脂の使用を減らした独自技術だ。

ヤマガブランクス「ブルースナイパー」

回遊待ちが基本となるため、体力勝負になることが多いショアからの青物狙い。このロッドは、強さとキャスト性能を突き詰め、それでいて軽量で長時間振り続けても疲れないロッドになっている。

ジグの操作に特化したモデル、プラグの操作に特化したモデルなど様々なラインナップがあるため、自分の好みに合わせた1本をチョイスしよう。

ゼナック「ミュートス」

出典:MUTHOS | ZENAQ Official web site.

無駄な装飾やデザインを排除し、必要なものだけを詰め込んだ究極のショア青物用ロッドだ。同社独自のガイド設計である「RGガイドシステム」が採用されたモデルは、オーダーメイドでの注文のみとなっている。

このシステムを搭載した機種は、これまでにないキャスト性能の高さを実現することに成功した。

【次ページ:ショアジギングリールに必要とされる要素】

タグ: