レベル別に徹底解説!ショアジギングロッドとリールの選び方

タグ: / / / / / / / / / / /
2017年03月16日 (最終更新日:2017年08月16日)

目次

  1. ショアジギングロッドに必要とされる要素
  2. 初心者にオススメのショアジギングロッド
  3. 中級者にオススメのショアジギングロッド
  4. 上級者にオススメのショアジギングロッド
  5. ショアジギングリールに必要とされる要素
  6. オススメのショアジギングリール
  7. 移動時や遠征に便利!オススメのロッドケース

中級者にオススメのショアジギングロッド

シマノ「コルトスナイパー」

シマノ[SHIMANO]独自の技術である「ハイパワーX」と「スパイラルX」を同時に搭載。

これにより、キャスト時のネジレやブレを防止するだけでなく、ロッド全体のパワーを向上させることに成功した。コストパフォーマンスが高く、筆者オススメの1本だ。

がまかつ「ラグゼ ソルテージ チータRR」

独特の調子を持ち、磯釣り師のみならず多くのルアーマンからも支持されているメーカーだ。シャープな振り抜けから生み出される圧倒的なキャスタビリティがこのロッドの最大の特徴と言って良い。

魚を掛けてから取り込むまでの一連の動作において、全幅の信頼がおけるロッドだ。

ダイワ「ショアスパルタン コースタル」

ダイワ[DAIWA]独自のテクノロジーにより作られた「HVFナノプラス高密度カーボン」を採用することにより、ロッドの強度を十分に保ちつつも粘りのある仕上がりになっている。

また、カーボンシートをX状に巻きつけたブランク構造である「X45」により、キャスト時のティップのブレを抑えることに成功した。

ライトショアジギングから10kgオーバーを視野に入れたモデル、プラグ対応モデルなど、選択の幅が広いのも魅力だ。

【上級者にオススメのショアジギングロッド】

タグ: