レベル別に徹底解説!ショアジギングロッドとリールの選び方

タグ: / / / / / / / / / / /
2017年03月16日 (最終更新日:2017年08月16日)

目次

  1. ショアジギングロッドに必要とされる要素
  2. 初心者にオススメのショアジギングロッド
  3. 中級者にオススメのショアジギングロッド
  4. 上級者にオススメのショアジギングロッド
  5. ショアジギングリールに必要とされる要素
  6. オススメのショアジギングリール
  7. 移動時や遠征に便利!オススメのロッドケース

初心者にオススメのショアジギングロッド

ダイワ「ジグキャスター」

遠投性能を第一に、軽量肉厚チューブラー設計を採用したロッド。この設計は飛距離の向上のみならず、シャクりやすいというメリットもある。

ライトショアジギングからスタンダートなショアジギングまで、初心者でも手を出しやすいスペックを備えているのが特徴だ。コストパフォーマンスも非常に良い。

シマノ「コルトスナイパーBB」

コルトスナイパーシリーズのエントリーモデル。エントリーモデルながら、以前は上位機種のみに搭載されていた「ハイパワーX」も採用されている上に、リールシート部にダブルロックナットを使用しており、より本格仕様となっている。

これからショアジギングを始めたいという方には十分なスペックだ。

メジャークラフト「クロステージ」

日本全国のエリアのショアジギングをカバーすることをコンセプトに開発されたシリーズ。幅広いラインナップが魅力だ。

また、この価格帯ながらKガイドを搭載しており、PEラインのトラブルも軽減されるだろう。サブロッドとしてもオススメだ。

【次ページ:中級者にオススメのショアジギングロッド】

タグ: