テーマ別

トップページ>ショアジギング>レベル別に徹底解説!ショアジギングロッドとリールの選び方

レベル別に徹底解説!ショアジギングロッドとリールの選び方

タグ: / / / / / / / / / / /

アクセス 2017年03月16日

ヒットすると強烈なパワーで走る青物は、一度釣ると病みつきになってしまう人も少なくはない。今回はそんな大物が狙えるショアジギングにおけるロッド選びのポイントや、おすすめ製品を解説していく。これから始めてみたい方からステップアップを考えている方まで、是非参考にしてほしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒットすると強烈なパワーで走る青物は、一度釣ると病みつきになってしまう人も少なくはない。今回はそんな大物が狙えるショアジギングにおけるロッドやリール選びのポイントや、オススメ製品を解説していく。

これから始めてみたい方からステップアップを考えている方まで、是非参考にしてほしい。

目次

  1. ショアジギングロッドに必要とされる要素
  2. 初心者にオススメのショアジギングロッド
  3. 中級者にオススメのショアジギングロッド
  4. 上級者にオススメのショアジギングロッド
  5. ショアジギングリールに必要とされる要素
  6. オススメのショアジギングリール
  7. 移動時や遠征に便利!オススメのロッドケース

ショアジギングロッドに必要とされる要素

ショアジギングロッドを選ぶ際には

  • 長さ
  • 硬さ
  • キャストできるジグのウェイト

の3つの点を考慮して選ぼう。

長さ

ロッドの長さは、ショアジギングで非常に重要な飛距離と操作性に大きく影響してくる。

長いロッドの方が飛距離は出やすいが、そのぶん重くなってしまうため操作性が悪くなることが多い。自分がどちらをより重視するかで長さを決めよう。

足場の高い磯などで、足元の攻防を制するには長いロッドの方が有利だ。一方で、防波堤などでは短いロッドで問題ないことが多い。短いロッドの方がジグをシャクりやすく、疲れにくいのだ。

また、ロッド自体の自重が軽くてもリールとのバランスで結果的に重く感じてしまうことも多々あることなので、ロッドを選ぶ時は実際に使用するリールを合わせて選ぶことをオススメする。

硬さ、張り

硬さは操作性と魚を掛けた後のパワーに影響してくる。硬いロッドはメタルジグなどを激しく動かすのには向いているが、プラグなどの操作は向いていない。

また、ショアジギングロッドにはロッドの「張り」が必要とされる場合が多い。ジグをロッドの反発力を活かしてシャクらなければ、すぐに疲れてしまうのだ。硬いロッドと張りのあるロッドは別で、どちらかというとロッドの張りを優先すべきだろう。

張りのあるロッドには、ブランクスに高弾性カーボンを使用している場合が多い。

投げられるジグウェイト

重いジグは飛距離が出てフォールが早いため、潮の流れが早い場所や比較的深場狙いでも底がとりやすい。

しかし、自重があるぶんキャストやアクションの際に力が必要なため、長時間の使用には体力が必要になってくる。

これらの要素と自分が釣りをする状況と狙うターゲットをしっかりと考慮して、ロッドを選ぶようにしたい

【次ページ:初心者にオススメのショアジギングロッド】

投稿ナビゲーション

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト