【編集部おすすめ】メジャークラフトの「ジグラバースルー」を紹介!美味しい魚が手軽に狙える万能ラバージグ

タグ: / / / /
2019年05月30日

投げて巻くだけでさまざまな魚が狙えるラバージグ。

メタルジグに反応しない魚も食ってくるため、お土産確保の一手として使用する方も少なくないだろう。

今回はそんなラバージグの中で編集部が愛用中のアイテムである、メジャークラフトのラバージグ「ジグラバースルー」を紹介していこう。

ジグラバースルーとは

ジグラバースルーとは、ショアからキャスティングで使用する誘導式ラバージグだ。

リア重心のヘッド形状が採用されており、ただ巻きでよく泳ぐ上に抜群の飛距離を誇っている。

また、オフセットとタイラバの2タイプが展開され、フィールドや対象魚に合わせて使い分けできるのも魅力だ。

オフセットタイプ

ジグラバースルーの10〜20gは、オフセットフックが搭載された仕様となっている。

根掛かりしにくいため、岩礁のボトムでロックフィッシュを狙うのに最適な仕様だ。

ワーム装着で釣果アップ

オフセットモデルのジグラバースルーは、シリコン製のスカートが装備されている。

そのままでも使用できるが、ワームをセットして使うことでさらなる釣果アップが見込める

とくにロックフィシュを中心に狙う際は、根掛かり防止のためにもワームを装着することをおすすめしたい。

ロックフィッシュ以外にも

ジグラバースルーはロックフィッシュだけではなく、ボトムに潜むあらゆる魚に有効だ。

前途の通り飛距離を出せるため、サーフからのマゴチ、ヒラメ狙いなどでも活躍する

その他にも、河口やシャローエリアでチヌを狙う際に使用してみても面白いだろう。

ネクタイタイプ

ジグラバースルーの30〜40gは、スカートとネクタイが装備されたタイラバ仕様となっている。

使い方はオフショアのタイラバと同様、着底から10回ほどただ巻きを繰り返すだけでOKだ。

全層を探れる

ジグラバースルーは、表層からボトムまであらゆる層の魚にアプローチできる。

ボトムでのロックフィッシュはもちろん、表層から中層を引くことでマダイや青物がヒットすることもある。

メタルジグには出せない動きが出せるため、ショアジギングの一手として使ってみるのもよいだろう。

オフショアでも使える

ジグラバースルーのヘッドは、横引きアクションでよく泳ぐリア重心形状となっている。

そのためショアからのキャスティングだけではなく、SUPフィッシングやマイボートでの使用もおすすめだ。

手に取りやすい価格

ジグラバースルーは釣果性能もさることながら、手に取りやすい価格も魅力だ。

もっとも軽量な10gであれば、Amazonで500円台から購入できる。

メタルジグと変わらない価格であらゆる高級魚を狙えてしまうのだから、持っておかない手はないだろう。

美味しいお土産をゲットしよう

ジグラバースルーはあらゆる魚に有効であり、さまざまな魚との出会いを楽しめるルアーだ。

難しいことを考えなくても釣れるため、とにかくルアーで魚を釣りたい初心者にも最適だろう。

本記事を読んで興味を持った方は、ぜひジグラバースルーを持って美味しい魚を狙ってみてはいかがだろうか。

この記事を読んだ人が次に読むのは

ショアラバゲームで根魚を狙おう!メジャークラフトの「ジグラバースルー」の特徴を解説

青物も根魚もフラットフィッシュも!なんでも釣れる万能ルアー5選

タグ: