足元はベイトだらけ!?リベンジもかねたショアジギング遠征記

タグ: / / / /
2019年05月27日

いよいよ春の青物シーズン。

去年は超渋々で苦戦した青物。

今年の海は水温も悪くないし、ベイトもなんだか多そうな雰囲気。

そして、10連休のGW。

まるまる休めませんが、あの手この手でなんとか時間を確保してレッツゴー!!

あれやこれやワクワクしながら遠征の準備を済ませて出発。

遠征初日

午後から出発の移動がてらポイントの下見。

目指すエリアに到着するのは夕方。

次の日の朝狙いできっと沢山の人がいて場所取りが大変なんだろうと思ってると…

え?誰もいない?

1番乗りできたら良い場所で竿を振れるからいいかと前向きに考えて、遅めの晩飯を食べ初日は就寝。

二日目の朝マヅメ

少し明るくなるのを待ってから入磯。

周りの人の反応を聞きつつ探りを入れようと思ったら…誰もいない!?

三時間近く竿を振るも無反応。

なるほど、そういうことか!!

潮も走って水面もざわついていい感じ。

足元にはベイトも沢山いるのになんで??

まぁ、人が見ていい状況と魚の都合は違うもんなのでくよくよしない。

時間はたっぷりあるので気分転換ついでに近くの里山へハイキングに。

穏やかで綺麗なだけな海と違って山は標高によって力強く咲く花が多く退屈させてくれない。

山頂は目指さずに途中で下りるつもりが気がつけば山頂へ。

山頂でのんびりし過ぎたせいで暗くなってきたので急いで下山。

下山後の晩飯は麻婆豆腐と白米。

昼は行動食しか食べていなかったので、めちゃくちゃ美味かった。

三日目の早朝

昨日までと違って雨模様。

びちゃびちゃになりながら誰もいない貸切の磯で、とっておきのオリカラのダイペンをひたすら投げ続ける。

使いたいシチュエーションのイメージはこんな日なんだけど、魚が出ない…

一度、車に戻り作戦会議。

正直ここで粘るのは辛いので、海辺を眺めつつ大きくエリアを変更することにした。

雨のせいか、川の濁りが入り水色が悪い。

ベイトっ気はないが、タマヅメと朝マヅメを頑張ってみるが無反応。その後もダラダラとランガンをして4日目は終了。

五日目

雨は上がり、夜明けから風が上がり昼頃には爆風になる予報。波気があれば多少は期待が持てるが、荒れすぎても危険なので、朝マヅメから本格的に荒れるまでが勝負と決めて磯に下りる。

が、夜明け直後から爆風。

すぐに本格的に荒れだしたので磯替え。

スポット的に風裏になる場所を探しては、ランガンを繰り返すが無反応。

とっことん無反応!!

もうやり尽くした感あるので、今回はここまでにしよう…。

遅れてるだけなのか、他の原因なのか…。

嫌な予感しかありませんが、チャンスはきっとあるはずなので頑張ってみます。

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: