「つ抜け」を狙える時期に突入か!?軽めのバイブレーションで狙うシーバスデイゲーム

タグ: / /
2019年05月24日

河川のデイゲームの釣果が上向きになり始めた5月下旬

風の強さに悩まされてナイトゲームが上手く出来ないので、我慢して翌朝のデイゲームに行ってきました!

大潮・下げ・曇り・時々雨

当日は少し早めに家を出たつもりが減水傾向にあり、予想よりも入水時間が早まるかも知れないと駐車場に到着すると、ロンジンフィールドスタッフのマコsanのチャリが既に駐輪されており、焦って準備をして釣り場に向かうが………

なんて事のないタイドグラフ通りの水位。

水深の深いスリットの水位が下がるのを少し待ち、水位が下がってる事を確認した上で、マコsanはシェードの深いポイントに。私は下流側のシモリや牡蠣瀬と流れが絡むとタイドプール状のポイントに分かれて開始!

最初は最近のアタリルアーであるマルジンのジンバイブを投入して楽して釣る作戦!

新たなルアーメーカーが誕生!嶋田仁正氏が起ち上げた「マルジン」とは

やり方は簡単、適当に投げて適当にロッドの角度やリーリングスピードを変えて適当に巻くだけ。

適当にやっていてもヒットはする。だが、適当なのですぐにバラす………

だが、適当なのにバイトがあるという事は、魚数が多く競争意識が働き、適当にやっても釣れてしまうパターン。割とイージーな釣りではあるが、バラさないやり取りが難しい釣りでもある。

だが、そんな妄想はすぐに掻き消されその後のバイトに続かない。

水色を確認してみる

曇天の下、濃いブラックの偏光グラスを掛けているので水の色がよく分からない。偏光グラスを外して水の色を確認すると、風で巻き上げられている砂が流れにバンバンと乗っかってきて凄く濁り、濁りがキツくて派手な色のルアーでも見付けられずに居るのでは無いかと。

そんな時はルアーの重さを軽くしてロッドの角度とリーリングスピードを調節しながら、バイブレーションルアーを魅せて喰わせるドリフトをやってみる。

ロンジンの「キックビート(15g)」にルアーチェンジ。ルアーカラーは、より視認性の高い金黒をチョイス。

クロスキャストしてダウンに入ってからも手元にブルブルとしたルアーアクションが伝わるか伝わらないスピードでボトムを擦らない様にユックリと流すと、風が吹いたタイミングで手前の薄っすらと浮かび上がった潮目で

カコッ!?っとしたバイトと共にエラ洗い一発フックアウトと、テンプレートの様なバラし方。

どうやら潮目に乗って回遊してきたセイゴの様子。あまりバラして魚がスレてしまうのは避けたいので、同じルアーを投げずに邪道の「冷音(14g)」のレッドヘッドゴールド?に変えて同じようにドリフトをする。

冷音を使う時の「キモ」は、テクニカルホールがある。

ロングジャークをしてダートさせるのに使うのはオフィシャルの使い方にもあるが、単純に流れの強い川でダウンに投げ入れても引き重りは少なく、ちゃんとバイブレーションとしてのアピールをしっかりとしてくれる。

ただ巻きでも釣れてしまうし、鉄板ルアーなのにドリフトの釣りに使い易いので、テクニカルホールにスナップを接続して使用し、反応が無ければノーマルホールに接続してリフト&フォールを試す順番で問題無いと思います。知らんし知らんけど。

同じ様にゆっくりと冷音を流すと少しサイズアップしたフッコの登場!

より沈下スピードの緩やかなキックビートに変えると・・・

60有る無しサイズ!

デイゲームでこのサイズが出ると魚とのやり取りやエラ洗いも凄く楽しめます!

梅雨に入ると雨による増水などで水難事故の危険も高まりますので、入水する時は必ずタイドグラフや潮位偏差、上流の水門の開閉などなど、ギリギリを攻めずに安全マージンをしっかり取って釣行に望みませう。

日によって「つ抜け」も楽しめるこれからの時期、秋の下見にもなる夏のデイゲームを楽しんでみては如何でしょうか?

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: