釣果情報から回遊ルートを割り出せ!春の青物攻略釣行記

タグ: / /
2019年05月22日

こんにちは!

月間10万アクセスの釣りブログ「淡路島ライフを運営しているスズシゲ(@szksghl)です。

今回は春の青物をゲットしてきたのでその実釣レポです!

ベイト不在でも、回遊次第ではワンチャンありかも!?という状況でした!

ポイントは潮通しの良いテトラ帯

ポイントは潮通しの良いテトラ帯をセレクト。

近隣の海域にマイワシが回っていたようで、そろそろこの辺りにも回遊してきてないかな?と淡い期待を持ちながらのエントリー。

道中、一級ポイントの堤防をのぞいてみると多くのアングラーがいましたが、うち一人のアングラーの方が青物とおぼしき魚とパワーファイト中でした。

やっぱりこの辺りは青物が回ってきているかも?

と思いつつ、到着したポイントはガラガラ。

青物実績ポイントはアングラーも多くいるはずですが、ここは・・・どうでしょうか。

ルアーローテで青物の反応を探ります

まずは淡路島(&神明エリア)で圧倒的人気のミノー「セットアッパー125S-DR」で探ります。

スロー、ミディアムとリトリーブスピードを変えて探るも反応なし。

続いてはスピンテール系の「ハードコアスピン」でチェック。

表層をスローにチェックしますが、これも反応なし。

スピンテール系は水の抵抗が大きいので、潮の流れがよくわかりますね。

ミノーやスピンテールでは出せない飛距離が必要かな?と思い、メタルジグをチョイスしようと思ったものの、「大型のマイワシが回遊していた」という情報からメタルジグ並みの飛距離を出せるヘビーシンキングペンシルをチョイス。

フルキャストし、表層をトロトロとリトリーブしてお尻ふりふりで探ります。

ルアーチェンジで一発!今年初の青物ヒット!

ヘビーシンペンに変え、正面、潮下、潮上を探ります。

潮下にキャストし、表層をトロトロ〜っと巻いてくると「クンッ!」というティップの違和感。

海藻でも引っ掛けたかな?とゆっくり手首を起こして聞いてみると「ガクン!ガクン!」という激しい魚信の後に「ジーーーーーーーーッ!!!!」と鳴り渡るドラグ音!

キタコレ!

テトラ帯でのやりとりは苦手中の苦手なので、時間をかけてゆっくりとファイト。

強烈なツッコミで竿がのされそうになるため、片手でグリップの先を握って踏ん張ります。

じっくりじっくり足元まで浮かせ、沈みテトラをかわして慎重にランディング。

上がってきたのは、63cmのメジロ(ブリの若魚)でした。

ミノーで不発、スピンテールで不発、ヘビーシンペンで一発。

使用したヘビーシンペンはジャンプライズの「かっ飛び棒130BR」。

こればかりは魚に聞かなきゃわかりませんが、やっぱりマイワシライクなボディサイズが効いたのでしょうか?

腹パンだったので胃袋の中が気になりましたが、まさかの空っぽ。

ベイトを追って入った個体というより、たまたま回遊ルートに入った個体だったのかもしれません。

以上、「釣果情報から回遊ルートを割り出せ!春の青物攻略釣行記」でした!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

インスタグラムでもいろいろな魚をアップしているので、よかったらフォローしてみてください。

インスタグラム→「スズキシゲハル@淡路島ライフ

タックルデータ

ロッド/ダイワ「ジグキャスター97MH」

リール/シマノ「ナスキーC3000HG」

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
スズシゲさんの寄稿記事
タグ: