【実釣インプレ】ラグゼのエギ「エヴォリッジ シャロー」を使ってみた!このエギのみが持つ圧倒的な強みとは

タグ: / / / / /
2019年05月24日

ラグゼから発売されているエギ「エヴォリッジ シャローモデル」。

充実した基本性能だけでなく、日本屈指の針メーカーである「がまかつ」のノウハウが凝縮されたエギだ。

今回はそんな注目アイテムを編集部が使用してきたので、インプレをお届けしよう。

「エヴォリッジ シャローモデル」を使った感想

抵抗感が少ないボディ

一般的なシャロータイプのエギは、自重が軽くなるため飛距離が伸び悩んでしまいがちだろう。

エヴォリッジ シャローモデルは起伏を抑えた流線型のボディ形状となっており、エギにかかる抵抗が少ない。

キャスト時美しい飛行姿勢を実現できるため、飛距離の向上に大きく貢献している。

また、飛距離だけでなく動きのキレが良いのも特徴だ。

抵抗の少ないボディに加え、シンカーの形状に面を持たせることによりキレの良い連続ダートを演出できるようになっている。

軽い力でアクションを出せるため、疲労の軽減にも効果を発揮してくれるだろう。

絶妙なフォールスピード

一般的なシャロータイプのエギは、6秒/m程度であるモデルが多いだろう。

エヴォリッジ シャローモデルのフォールスピードは4.2秒/mであり、一般的なベーシックタイプとシャロータイプのエギの中間に値するスピードだ

他社の製品ではあまりみない絶妙なフォールスピードであり、イカの目線を変えられる一手となる。

エヴォリッジ シャローモデルはゆっくり沈むタイプのエギであるが、使用感はベーシックタイプと大きく変わらない。

したがって、シャロータイプのエギが苦手なアングラーでも扱いやすいだろう。

ベーシックタイプからシャロータイプのエギにローテーションする前に、少しだけアクションに変化を加えたいときにも便利だ。

鋭利すぎるカンナ

エヴォリッジ シャローモデルを使用している中で、一番衝撃を受けたのはカンナの鋭さだ。

軽く触れただけで刺さってしまうため、アタリがわからない初心者でもキャッチ率が格段にアップするだろう。

また、身が硬い大型アオリイカやコウイカでありがちな、横抱きしたまま上がってくることによるバラシも軽減できる。

鋭利であるがゆえに、小型のイカに大きなアワセを入れると身切れを起こしやすいので注意が必要だ。

前途の通りエギ自体の動きが良いため、大きく合わせなくてもしっかりとフッキングが決まる。

したがって、このエギを使用する際はアワセをいつもより優しめにすることを心がけよう。

他社にない特徴を持ったエギ

エヴォリッジ シャローは基本性能の高さだけでなく、他社製品にない特徴を持ったエギだ。

中でもフッキング性能はトップクラスといっても過言ではなく、バラシの多さに悩むアングラーには是非ともおすすめしたい。

同製品の購入を検討している方へ、本記事のレビューが参考になれば幸いだ。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【実釣解説】初心者のためのエギング講座!春のアオリイカと出会う方法とは

シャロータイプのエギおすすめ5選!イカにじっくりエギを見せよう

浅場で使うだけじゃない!?シャロータイプのエギの特徴と有効な5つの場面

タグ: