シマノから汎用スピニングリール「19ストラディック」が登場!フラッグシップに迫る圧倒的進化を遂げたミドルレンジ機種

タグ: / / / / / / / / / / / /
2019年05月21日

出典:ストラディック [STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

シマノ[SHIMANO]から汎用スピニングリール「19ストラディック」が登場した。

フラッグシップに迫る進化を遂げたミドルレンジ・スピニングリールだ。

「19 ストラディック」の特徴

出典:ストラディック [STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

本製品は2015年に発売された15ストラディック以来の最新機種だ。

コストパフォーマンスでいえば、シマノ製スピニングリールの中でも最頂点ともいえるリールであり、初心者から上級者まで全ての層が納得できる性能を持ち合わせている。

15ストラディックから4年ぶりとなる進化はフラッグシップに迫る勢いであり、「中間機種の購入を検討している方は本製品の発売を待ったほうがいい」といっても過言ではない。

15ストラディックとの違いとは

出典:ストラディック [STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

まずは上の表を見てほしい。これだけでも15ストラディックからの進化具合に驚く方も多いことだろう。

軽さに関する部分は引けを取るものの、その他はハイエンド機の「19ヴァンキッシュ」とほぼ同等と思えるほどのスペックを有している。

定価は25,500〜28,500円(実売価格はもっと下がると予想)だが、この価格でフラッグシップに迫る使い心地を味わえるということを想像してみてほしい。

軽さを求める方は、来年辺りに発売が予想される「 20ストラディックCI4+」の後継機を待ってもいいだろう。

進化したスペックをピックアップ

耐久性・剛性がさらに向上したギア

出典:ストラディック [STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

「19 ストラディック」は18ステラ以降に採用されている新設計HAGANEギアを搭載している。

これは最新のハイエンド機種にも採用されているギアであり、安心感に直結する耐久性・剛性がさらに向上した。

不意の大物への対応はもちろんのこと、長持ちという面にも大きく貢献してくれることだろう。

「Xプロテクト」で防水性がアップ

出典:ストラディック [STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

ボディ(ローラークラッチ)部&ラインローラーには、「19ステラSW」や「18ストラディックSW」にも搭載されている「Xプロテクト」を採用している。

最新のSWシリーズにも採用されていることからも防水性能の高さがうかがえるが、ラインローラーの耐久性は5倍以上もアップした。

この「Xプロテクト」は防水性能以外にも、滑らかさにも大きく貢献する機構であることも覚えておこう。

最先鋭の歯面設計「マイクロモジュールギアⅡ」

出典:ストラディック [STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

同社が発売するリールの特徴ともいえるシルキーなリーリングの核となる歯面設計。

「19 ストラディック」には最新のマイクロモジュールギアⅡを採用し、音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングも向上した。

ハンドルを回すこと自体が楽しくなる回転性能の最新技術をぜひ味わってみてほしい。

「サイレントドライブ」で静粛性がさらに向上

出典:ストラディック [STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

ボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除することで完成した「サイレントドライブ」を採用。

これにより、滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻き心地を実現した。

同社製品の精密さの集大成ともいえる部分といっても過言ではなく、リーリングの際の「高級感」を感じさせる箇所ともいえるだろう。

また「サイレントドライブ」は、ハイエンド機種の「19ヴァンキッシュ」にも採用されていることもお伝えしておきたい。

飛距離アップを実現する「ロングストロークスプール」

出典:ストラディック [STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

従来比約5%の飛距離アップを実現したロングストロークスプールを搭載。

これはハイエンド機種の「ステラ」と「19ヴァンキッシュ」のみに搭載されているスプールだ。

この事実を見るだけでも「19ストラディック」への力の入れようが伝わってくるだろう。

オーバーな表現をすれば「ステラと同等のキャスト性能を得た」ともいえるのかもしれない。

「19 ストラディック」のスペック

タイプ 巻取り長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) PE(号-m) 価格(税抜き)
1000S 64 185 3 0.6-140、0.8-100、1-70 25,500円
C2000S 69 185 3 0.6-150、0.8-110、1-80 25,500円
C2000SHG 81 185 3 0.6-150、0.8-110、1-80 25,500円
2500S 78 220 4 0.6-200、0.8-150、1-120 26,000円
2500SHG 89 220 4 0.6-200、0.8-150、1-120 26,000円
C3000 78 225 9 1-400、1.5-270、2-200 26,800円
C3000HG 89 225 9 1-400、1.5-270、2-200 26,800円
C3000XG 94 225 9 1-400、1.5-270、2-200 26,800円
3000MHG 86 245 9 1-190、1.2-150、1.5-120 27,800円
4000 87 280 11 1-490、1.5-320、2-240 27,800円
4000MHG 95 280 11 1.2-250、1.5-200、2-150 27,800円
4000XG 101 280 11 1-490、1.5-320、2-240 27,800円
C5000XG 101 295 11 1.5-400、2-300、3-200 28,500円

「19 ストラディック」の発売日

  • 1000S、C2000S、C2000SHG、2500S、2500SHG、C3000、C3000HG、C3000XG:2019年7月発売予定
  • 3000MHG、4000、4000MHG、4000XG、C5000XG:2019年8月発売予定

その他の進化は公式サイトで

今回紹介した進化以外にも多くの部分が大幅に進化している。

その他の進化を知りたい方は公式サイトでチェックしてみてほしい。

ストラディック [STRADIC]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

この記事を読んだ人が次に読むのは

シマノ「19ヴァンキッシュ」の取材動画をツリホウチャンネルで公開!徹底的に軽さを追求したハイエンド機

ダイワ「19 レグザ」の取材動画をツリホウチャンネルで公開!リーズナブルながら驚きのタフさを誇る新型スピニングリール

【実釣インプレ】アブガルシアの「スーペリア」をエギングで使ってみた!全ての性能が価格以上の汎用スピニングリール

タグ: