ボートエギングがおすすめな5つの理由!美味しいアオリイカを確実に釣ろう

タグ: / /
2019年05月16日

春はエギングのハイシーズンであるが、気難しい個体が多いシーズンでもある。

ショアの釣り場に何度も通いつめながらも、満足に釣果を得られていないアングラーも少なくないだろう。

今回はそんな苦悩するエギンガーのために、ボートエギングがおすすめな理由を解説していこう。

ボートエギングがおすすめな理由

イカがスレていない

ショアの人気ポイントはプレッシャーが大きく、なかなか釣果に恵まれない方も少なくないだろう。

ボートエギングではショアから狙えないポイントを攻めるため、ショアよりも何倍も釣れる可能性が高い

また、遊漁船では船長が実績のあるポイントへガイドしてくれるため、自分でポイントを選ぶよりも安心だ。

人混みに悩まない

エギングのハイシーズンとなると、人気の釣り場に多くのアングラーが集結する。

釣りをする以前に、場所取り争いで勝敗を分けてしまうことも少なくはないだろう。

ボートエギングではそれぞれの釣り座が確保されているため、そのような悩みを抱えることなくイカとの戦いに集中できる

大型が狙える

ボートエギングでは、釣れるイカの平均サイズが大きいのが特徴だ。

ショアからアプローチできない深場には、警戒心の強い大型の個体が潜んでいることが多い。

また、一定の条件を満たした時にしか接岸しないモンスターサイズと出会えるチャンスもある

手持ちのタックルでOK

ボートエギングでは、基本的にショアで使用しているタックルをそのまま流用できる。

扱いやすい専用ロッドも発売されているが、手持ちのタックルを流用して楽しんでいるアングラーが多数派だ。

エギングロッドを持っていない方は、スピニング用のバスロッドなどでも流用できることを覚えておこう。

美味しいイカが食べられる

ボートエギングでは、釣ったイカを下船直前まで船の生簀で生かしておくことが多い。

したがって、帰宅後は新鮮なイカを味わうことができる

また、万が一ボウズとなってしまった場合でも、運が良ければ他の人が釣ったイカをお土産にいただけることもある。

ボートエギングを始めてみよう

ボートエギングは、手持ちのタックルで誰でもかんたんにチャレンジできる。

基本的に岸寄りのポイントを攻めるため、ジギング船などと比べると乗船料金もさほど高くないのも嬉しい。

本記事を読んで興味を持った方は、ぜひ一度ボートエギングにチャレンジしてみてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

どんな竿でもイカは釣れる!?専用ロッド以外でエギングをするときのメリット・デメリットまとめ

【実釣解説】初心者のためのエギング講座!春のアオリイカと出会う方法とは

タグ: