食い渋るアジを攻略!フォールでもリトリーブでもなく、○○で深いバイト連発

タグ: / / /
2019年05月13日

こんにちは!

月間10万アクセスの釣りブログ「淡路島ライフを運営しているスズシゲ(@szksghl)です。

今回は産卵前アジングに行ってきたのでその実釣レポです!

今回リトリーブでは感知できるアタリが出ませんでしたが、トゥイッチを入れるとジグヘッドごと丸呑みするような深いバイトが連発しました。

アジングは攻め方で反応がめちゃくちゃ変わるので面白いですね。

夜、漁港にて、接近戦のタックルで

今回のポイントは漁港。

常夜灯の下、0.6gのジグヘッドで近距離を狙います。

大潮の下げ潮という状況、流れる潮に乗せてふわふわとジグヘッドを流すとコンッ!

上がってきたのは、豆サイズ。

2インチのハリのあるワームでは掛けにくそうだったので、1.5インチのソフトワームにチェンジします。

ジャッカルのアミアミ1.5インチ。お気に入りのワームの一つです。

渋い?悶絶?いやいや、トゥイッチ入れると丸呑みバイト連発!

リトリーブ中心の横の釣りでは、なかなか感知できるバイトを得られない状況。

ジグヘッドの存在を確認するべく、小さくトゥイッチを掛けるとククッ!とバイト。

上がってきたのは、15cm程度の小アジでした。

フッキングは口の横へ。

合わせが遅れてしまったときのような掛かり方でした。

「トゥイッチ直後に食ってくるって面白いな〜」と思い、意識してトゥイッチを多用してみると、またもククン!とヒット。

サイズはさっきよりサイズダウンの豆アジサイズ。

あれ?ジグヘッドどこいった?

あ・・・呑んでる・・・。

リトリーブ一本ではアタリすらない状況でしたが、トゥイッチを入れると一変して獰猛にバイトしてきます。

綺麗に上顎フッキングが決まることもできるようになりました。

一方で、反転系の食い上げバイトに見られる下顎フッキングも。

下顎フッキングは、きっとレンジが合ってないんでしょうね。

そんなことを考えていると、また丸呑み。

スナップだけが口からのぞいていますね。

ワームのサイズを倍の3インチに変えても、同様にアタリを得られました。

「横の釣り(リトリーブ)」や「縦の釣り(フォール)」など、アジングでは様々な攻め方が効果的といわれていますが、今回は「トゥイッチ(リアクション)」が特に効いた釣行でした。

後から気づきましたが、ダート系ワームでダートさせても反応を得られたかもしれませんね。

結果、1時間で13cmから18cm程度のアジを7匹。

ツ抜けこそできませんでしたが、トライ&エラーで魚の反応の違いを楽しむことができました。

以上、「渋いアジング攻略!フォールでもリトリーブでもなくXXXXXで深いバイト連発!」でした!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

インスタグラムでもいろいろな魚をアップしているので、よかったらフォローしてみてください。

インスタグラム→「スズキシゲハル@淡路島ライフ

 

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
タグ: