デイゲームのシーバス調査!バイブレーションをサイズダウンせると・・・

タグ: / /
2019年05月07日

流れは頗る良くないが、夜によく行くポイントの昼間の状況はどうなのだろう?と思い立ってのデイゲーム。

長潮・下げ・デイゲーム

満潮から1時間半程でだいぶ水も無くなり、ストラクチャー周りの地合いだけが残っている感じ。

入水してすぐの膝下程の水位のシャローにハクの群れが溜まっていて、少し奥の潮目には逃げ惑う様な動きをして水面をざわつかせている様子が見受けられた。

少し足を止めてキックビート 70で狙うが底を擦ってしまう水深なので、マルジンのシャッドワームを巻いたり流したりするけどアタリは無い。

釣れない魚に惑わされて地合いを逃しては元も子もないので、奥の橋脚周りに再度キックビートを投入。

風が流れとは逆に吹いているせいでラインを取られ流し込む事が出来ない状況なので、ストラクチャーのキワや流れの中を線で通す様に狙う。

狙うのと釣れるのはイコールでは無いと知らされる…

不本意ながらルアーのサイズダウンを試み、ビットブイ12gでアクションとサイズをハクに近しいもので巻いて来ると・・・

一発でヒット!

すぐにドラグを緩めて(サイズが小さい)エラ洗いをさせない様(サイズが小さい)丁寧に(サイズが小さいので)ネットでランディング。

さっきからハクをザワザワとザワつかせていたセイゴ様。

時にトビウオの様に下からハクの群れを突き抜け、綺麗な水平姿勢で飛ぶ様を観れたので満足して納竿しました。

夜と昼とでマイクロベイトのアプローチの仕方の違いやナイトゲームでのバイブレーションもアリなのかなと。知らんけど。

グルグル巻いてドカーンと釣れる時期が待ち遠しいですね。

今回のタックルセッティング

ロッド/シマノ「エクスセンス ジェノス グランドスティンガーS96M/R」

リール/シマノ「17エクスセンス3000MHG」

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: