誰でも30秒で完成!「オージークイッキーノット」の結び方を解説

タグ: / / / /
2019年05月05日

出典:Aussie Quickie Knot- Braided Line To Fluorocarbon- Saltwater Experience – YouTube

素早く簡単、かつ強いノットを求めているアングラーも多いだことだろう。

今回紹介する「オージークイッキーノット」であれば、釣り場でも30秒で結束できてしまうので、ノット入門としても最適だ。

「オージークイッキーノット」の結び方

  1. PEラインを折り返し2本に束ねる
  2. 2本に束ねたPEラインの上から、リーダーを5〜7回巻きつける
  3. ライン同士を引っ張り締める
  4. 余分なラインをカットして完成
  5. ※心配な方は結束後にPEライン同士をエンドノットで結ぼう

本ノットはシーバスで使用するPE1号前後、リーダー4号前後同士の結束に最適だ。

ショアジギングなどの太いライン同士の結束には向いていないので注意しよう。

※動画内の赤いラインはPEライン、白いラインはリーダー側という前提で試してほしい。

エンドノットを入れる場合

出典:Aussie Quickie Knot- Braided Line To Fluorocarbon- Saltwater Experience – YouTube

本ノットは結束後にリーダーの切端がPEラインに接触することがないため、FGノットの時のような長いエンドノットは必要ない。

動画内ではエンドノットを施していないが、心配な方はPEライン同士をハーフヒッチで1回、そしてリーダーの切端をライターで炙ろう。

釣り場でこそスピーディーに

本ノットは初心者であっても30秒で結束できるお手軽さを誇る。

風がある釣り場でも素早く完成するため、緊急用のノットとして覚えておいてもいいだろう。

関連商品

この記事を読んだ人が次に読むのは

スッポ抜けを減らす!PEラインとリーダーの結束後の「エンドノット」とは

「FFノット」の結び方を解説!FGノットが苦手な方でもできる結束法

PEラインとリーダーのノットが10秒で組める!釣りガールのあぜっちがクレイジーオーシャンの「フラッシュリーダー」を紹介

タグ: