青物用ルアーをリペイント!イメージはマヅメ時や少し暗い時にもアピールできる派手カラー

タグ: / / / / /
2019年05月04日

いよいよ春の青物シーズン。

去年はいいタイミングに当たれなくて苦戦したので、今年はいいタイミングに当たりたい!

本格シーズンインの前に今回は準備。

この子達のをまとめてリペイントしたいと思います。塗るカラーは、シルエットがボヤける感じのカラーとシルエットがはっきり出るカラーの二色をイメージし塗りたいと思います。

2本まとめて色を剥いで下準備をします。

まずはこっちの子にシルバーを塗って、その上から銀粉を散らして、コットンキャンデーに。

あまりはっきり塗らずにぼんやりフロントフック周りだけに。ベリーは薄っすらピンク。

銀粉の乱反射でシルエットをぼかして、他の色も淡く塗ってシルエットをはっきりさせない作戦。でも、バイトマーカーがあってもいいかな?ってことで追加。

続いてシルエットくっきりカラー。

といえば、ど定番の黒!

ちなみに黒は二番目に好きなカラーで、一番はブルピン。

黒だけだと物足りないので横にアルミを貼ります。

で、その上にグロー塗料をパラパラっと全体的に塗ります。

暗いところでぼんやり光る程度に塩梅を確認しながら塗ります。

すげーわかりにくいですが、こんな感じです。

さらに背中だけに蛍光イエローを薄っすらと塗ります。

ベースは黒いんだけど、グローと蛍光カラーを使った超アピールカラーみたいなイメージです。

後は2本をコーティングして完成。

UVライトで照らすと、

こんな感じ。

マヅメ時や少し暗い時でもアピールしてくれそうな派手カラー。

日中の明るい時は銀粉とアルミでアピールしてくれて、黒い方はシルエットで食わせるみたいなイメージ。

な〜んて、思い通りに釣れればいいんですけね。

いやーー早く投げたい!!

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: