向こうアワセでノリまくる!世界一柔らかい禁断のワームでメバル攻略

タグ: / / / /
2019年05月02日

こんにちは!

月間10万アクセスの釣りブログ「淡路島ライフを運営しているスズシゲ(@szksghl)です。

春メバル本格化にはまだ早いかな?と思いつつ、新規開拓しながらオンスタックルの新ワーム「マゴバチEXスーパーソフト」で渋メバル攻略してきたのでその実釣レポです!

大型メバルはマヅメのシャローで狙う

過去の経験上、大型メバルはマヅメ時のシャローで釣れることが多いような。

関連記事:淡路島のデカメバル釣りレポート!

ということで、Google Mapでいい感じのシャローに目星をつけ、初場所にエントリー。

見たところ、ときたまウィードが群生する砂地のシャロー、といったところでしょうか。

タックルセッティングはおなじみのフロートリグで。

飛距離を稼いで、広範囲を探ります。

食性はベイトライクか?プランクトンライクか?ワームで反応をみる

メバルの食性をチェックするべく、まずはシャッドワームでチェック。

速めのリトリーブには全く反応なし。ベイトライクではない模様。

アミ系やベイト系にも対応できるガルプミノーにチェンジしてチェック。

潮上にキャストし、秒1/4回転でデッドスローリトリーブ。

コッ!というショートバイトを感じつつ、気にせず巻き続けるとビチビチビチッ!とヒット。

うーん、16cmくらいでしょうか。

日没直後のタイミング、立て続けにもう1枚ヒット。

これも超ショートバイトにクイックなアワセを入れてキャッチ。

その後も連続して2回ヒットさせるも、巻き上げ中にバラし。

潮上に落としてドリフトさせるとショートバイト、フッキングも浅いことからまだまだ食性はプランクトンライクな模様。

攻め方としてはこのままで、ワームを新兵器にチェンジしてみます。

マゴバチEXスーパーソフトはガルプを超えた!?驚異のショートバイトキャッチ率!

今回ガルプミノーの代わりに投入してみたのは、マゴバチEXスーパーソフト。

世界一柔らかいワーム!?という謳い文句で開発中のプロトモデル、今春には量産されるのでしょうか。

ま、確かにデロデロな柔らかさはなんか若干エロいです。

ガルプミノーからマゴバチEXスーパーソフトに変え、ドリフトさせてくると・・・。

乗らないショートバイトだったのが、向こうアワセでノリまくり。

ワームが異常に柔らかく、ジグヘッドに直接バイトしてきてるのか?というレベル。

1投1尾のペースで釣り上げ、モゾッというバイトにはアジも登場!

メバルのサイズこそ伸び悩みましたが、アタればノるという状況。

ファイト中にバレてしまうのは、薄皮1枚に掛かっちゃってるんでしょうね。

ガルプでも弾くようなショートバイトも、マゴバチEXスーパーソフトでは向こう合わせで乗ってくることが新鮮な驚きでした。

柔らかいのでクサフグが多かったり魚の活性が高かったりすると消耗が激しそうですが、今日のような「魚はいるのに渋い」という状況にはベストマッチしそうです。

日没1時間で潮止まりとなり食いが止まったタイミングで納竿としました。

今回のリザルトはメバル5枚とアジ1枚、全て20cm以下だったのでリリースしました。

以上、「向こうアワセでノリまくる!世界一柔らかい禁断のワームでメバル攻略」でした!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

インスタグラムでもいろいろな魚をアップしているので、よかったらフォローしてみてくださいね!

インスタグラム→「スズキシゲハル@淡路島ライフ

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
タグ: