アジングタックルで楽しむへチ釣り入門!アジが釣れない時は足元を狙え

タグ: / / / /
2019年05月04日

アジングの鉄板ポイントだが今日はサッパリ・・・なんて日はないだろうか。同時に潮位も下がってしまい、釣れる可能性も極端に減ってしまうこともある。

そんな時は諦めずに目線を変えて、堤防の足元「ヘチ」を狙ってみてほしい。いつもとは違う魚との出会いがそこにあるはずだ。

今回はアジングタックルで楽しめる「ヘチ釣り」について紹介していこう。

道具もルアーもそのままに

ジグ単でアジを狙っていた場合は、そのままのタックル&ルアーを併用して問題ない。

他にも軽量なメタルジグがあれば手早く探っていける。

新しく道具を買い揃える必要がないのもヘチ釣りの魅力といえるだろう。

狙い目のポイント

よくある直線的な堤防であっても、変化のある場所は必ず存在する。

そのような変化を見つけることも「ヘチ釣り」の醍醐味だ。

小物ばかりが釣れ続いても、目立つ障害物には型の良い個体が居着いている可能性を信じて攻め続けよう。

代表的な狙い目ポイントは以下を参考にしてほしい。

堤防の出隅

堤防には必ず先端があり、その出隅は代表的な名ポイントだ。

潮の流れが多方面から当るためヨレができやすく、そのヨレこそ魚が好むポイントとなる。

先行者がいることも多いが、空いている場合は必ずチェックするようにしたい。

堤防の入隅

堤防の入り口には写真のような角がほぼ必ず存在する。

角はプランクトンが溜まるポイントでもあるため、魚の餌場となることも多い。

堤防は先端部の人気が高く、見落とされがちな穴場ポイントともいえる。

堤防の継ぎ目

ある程度の大きさの堤防であれば、写真のような継ぎ目がほぼ必ず存在する。

この継ぎ目は大きな変化ポイントであり、魚の隠れ家にもなりやすい。

潮の流れが変化するポイントでもあるため、必ずチェックしよう。

その他の構造物周り

上記で挙げたポイント以外にも、堤防にはたくさんの構造物が存在する。

それら構造物はれっきとした変化となるため、チェックし忘れないようにしよう。

ヘチ釣りの狙い方

ヘチ釣りは一ヶ所で粘る釣りではなく、ランガンが基本となる。次々とポイントを移動して探っていこう。

釣り方は、

  • ジグヘッドワームやメタルジグをボトムまで落とし、小刻みなリフトアンドフォールで魚を誘うのみで成立する

フォール中や着底してすぐのバイトも多いため、即座にアワセを入れられるよう備えておこう。

不意な大物が釣れる可能性も

堤防の足元といえど、不意な大物が釣れる可能性もあるのがヘチ釣りの魅力といえる。

エステル0.2号にリーダー0.5号のラインセッティングでも成立はするが、30cmを超えるような個体がヒットするとバイトの瞬間にラインブレイクのリスクも高い。

よってPEラインや、少し号数を上げたフロロカーボンやナイロンラインの方が安心だろう。

フックはアジング用の細軸の物より、メバル用の少し太い軸の物だとより安心して魚と対峙できることを覚えておこう。

堤防で楽しむ場合の注意点

漁港でヘチ釣りを楽しむ場合は、漁業関係者の船や道具、係留ロープなどに仕掛けが絡みそうな場所を避け、十分なマージンを取って探ろう。

くれぐれも落水やコケたりしないよう、足元にも注意して歩いてほしい。

自由な発想で楽しもう

アジングの道具はアジを狙うために特化したものではあるが、決して他の釣りができない訳ではない。

ひとつの道具でも狙い方や仕掛けを少しカスタマイズすることで幅広く釣りが楽しめる。

アジが釣れない時には目線を変えてヘチを狙ってみてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

ジグ単でのレンジコントロール術を解説!アジングのファーストステップ講座

ライトゲームで多魚種を攻略!マイクロジグが有効な場面とおすすめ5選

怪我の防止や撮影にも最適!第一精工のライトゲーム用フィッシュグリップの魅力

タグ: