シーバスはサイレントなシリテンバイブがお好き!?まとまった群れを期待してウェーディングに挑む

タグ: / /
2019年05月01日

初夏にはまだ早いですが、朝マズメの港湾部ではイワシがまとまって接岸している場所もあります。

例年なら5月に入ってから陸っぱりでもグルグルと巻くバイブレーションの釣りが楽しめる頃合いですが、今年は少し早いのか・・・?

なんて思いながら、シーバスが群で河川に入って来ている事を期待してデイゲームしてきました。

大潮 下げ7分 晴れ

前日に70upまで出たそうなので、水中ストラクチャーになる沈み根などに居着きの魚やシェードと潮目、または地形変化が絡むポイントに狙いを絞り入水開始。

当日にマッチングしたのは鹿sanとゾーノ氏とOKADA氏の2人。

よく一緒に釣りをするので事前にどこのポイントに入るかを談笑など交えながら相談。私はシェードの深い場所、他三人は下流側で釣りをする事に。

最初は流れもあり潮目も狙える距離にあるのでシリテンバイブでクロスからダウンに掛けて、巻いたり止めてみたりリフト&フォールさせてみたり。

反応はなし、だが・・・

反応がないので、ポイントにまとまった群で着いていない様子。

ルアーをサイズダウンしてスローに流すようなリフト&フォールでダウンまで流すと、シェードから出た辺りのフォールでコツッとした硬めのアタリが出た。

サイズは釣れてみないと分からないので、居ると分かれば同じパターンで思考錯誤するけれども反応がなくなる。

今一度シリテンバイブで潮目をクロスからダウンにルアーを入れると1発でコフっと咥えてくる良いアタリ方をしてくれた。

サイズは何とも言い難いが、元気で綺麗な魚体の魚。

同じパターンで巻き始め潮目を抜けてすぐにバイトがもう1発!

回遊で回って来た数匹のセイゴだと思われた。

その後は干潮時間を迎え、一足先に納竿しました。

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
宗さんの寄稿記事
タグ: