あこがれの魚を狙える「対馬(つしま)フィッシングカップ」に参加しよう!対馬海流に浮かぶ釣り天国の島

タグ: / / / / / /
2019年04月28日

2019年5月11日(土)、釣り人のあこがれの地・長崎県対馬で「対馬フィッシングカップ」が開催される。

これを機会に大型青物やロックフィッシュにも出会える対馬(つしま)へ遠征してみてはいかがだろうか。

そもそも対馬(つしま)ってどんな島?

対馬という地名は聞いたことがあるが、どこにある島なのか想像がつかない方も多いのではないだろうか。

対馬は長崎県の離島であり、九州と韓国の中間に位置する釣り天国の島だ。

釣り人のあこがれとなるマグロや大型青物、クエ、石鯛、アオリイカ、ヒラスズキ、マダイなど通常では簡単には釣れない魚を陸から狙えてしまうという驚きのポテンシャルを持つ。

島の周りの海は一年中海水温が高く植物プランクトンが豊富な対馬海流であるため、常に魚が回遊しているといっても過言ではない。

「対馬フィッシングカップ」とは

「対馬フィッシングカップ」とは、今年の秋に開催予定の「対馬フィッシュソン」に先駆けたプレイベントだ。

フィッシュソンとは 、フィッシングとマラソンをかけ合わせた造語であり、以下の目的を主としている。

  • 「制限時間(約12時間)の間に、どれだけ多くの魚種、または大きい魚を釣ることができるかを競う釣り大会
  • 釣具メーカーとタッグを組んだ新しい釣りアイテムのアイデア出しや、漁協とタッグを組んだ対馬を代表する新しい魚加工品のアイデア出しなどを行うアイデアソン

「対馬フィッシングカップ」はこのイベントの第一弾であり、島の行政が関わる画期的な催しなのだ。

本大会は釣りの初心者からエキスパートまで幅広く参加できるので、気になる方はこれを機会に対馬へ遠征してみてはいかがだろうか。

大会のルールや注意事項は公式ウェブサイトで確認しよう。

日時と時間

  • 2019年5月11日(土)
  • 受付時間:4:30 〜 14:00
  • 競技時間:4:30 〜 17:00
  • 親睦会 :18:00 〜 20:00

※小雨決行 ※雨天・荒天延期

会場

  • 対馬海流(厳原町漁協直売所)

部門

  • 五目の部と大物の部の2部門

※それぞれルールが違うため、詳しくは公式サイトで確認してほしい

参加費

五目の部

  • 大人:1,500円/人
  • 子供:500円/人(中学生〜18歳以下)
  • グループ:2,000円/組
  • ※小学生以下は無料 ※参加費にイベント保険代を含む

大物の部

  • 大人:1,500円/人
  • 子供:500円/人(中学生〜18歳以下)
  • ※小学生以下は無料 ※参加費にイベント保険代を含む

主催・後援

  • 主催:(一社)対馬観光物産協会
  • 後援:対馬市、厳原町漁業協同組合

公式ウェブサイト

対馬フィッシュソン|対馬絶景 – 対馬のことが気になってくるWeb版ガイドブック

美味しい魚を釣って持ち帰ろう

対馬という島は、一度訪れると再び訪問したくなる魅力を秘めている。

「対馬フィッシングカップ」を機会に、釣り天国へ渡ってみてはいかがだろうか。

この記事を読んだ人が次に読むのは

普通のアオリイカと何が違う?レッドモンスターと呼ばれる「アカイカ型」アオリイカとは

店主はプロのアングラー!釣りの聖地・壱岐島に存在する「みなとやゲストハウス」の魅力

青物タックルで挑むクエ釣りを徹底解説!本命以上に釣れると嬉しい高級魚

タグ: