流れがぶ厚く異様に速いポイントで勝負に挑む!ポケットの中にバイブレーション流し込こもうとすると・・・

タグ: /
2019年04月29日

今年はサクラマスが好調らしい。

今年の春は忙しくサクラマスを諦めようかなと思っていたが、なんとか時間を作れたので一回限りと決めて川に向かった。

今回限りなので、ロケーションが良くてフィールドにいるだけで楽しい「米代川」しようと決めた。

べつに釣れなくてもいい、ただ川に浸かって無心になって解放されたいのが本音。

夜中に到着して朝マヅメからポイントに入ろうかと思ったが、安定の寝坊スタート。

でも、気にしない。朝から遊漁券を取り扱っている店で券を買ってから第一希望ポイントに向かう。

「いかにも」なポイントを探る

実績の高いポイントなのかは知らないが、川がカーブしてストラクチャーも多い「いかにも」なポイント。

時々何かが水面でもじり、見ているだけでワクワクさせてくれる。しばらくここで粘ろうかと思ったが、人が増えてきたので移動。

二箇所目は瀬が絡み、強い流れが対岸のテトラに当たりヨレの多い場所。

ここも「いかにも」なポイント。

水温も水色も悪くなく、ディープウェーディングで対岸側をタイトに狙うが反応なし。

それにしてもこの空!!

この空を見れただけでも充分価値がある。

遠くには白神山地の山々がまだ白く雪化粧を残したままで、そこからこの水が来てるんだろうなと思うと、なんとも言えない満足感ある。

このまま納竿してもいいかな?と思えたが、せっかくだから白神山地が良く見えるポイントへ移動することにした。

やや上流域の開けたポイントへ

スコーンと抜けるような青空と、どっしりと構えた白神山地、足元は深いエメラルドグリーンの米代川。

なんて贅沢なコントラスト。

釣りを忘れてしばらく見惚れてしまうほど綺麗だった。

さて肝心の足元は、流れが直接ストラクチャーに当たって流れが上流側と下流側で急激に変化している。

下流側は雪代のせいもあって激流。

ミノーがバイブレーションのように暴れて手元に振動が伝わる。が、フッと流れが緩むポイントがある。

居るならそこ。

何度も何度もしつこく角度を変え、アプローチするが反応が無い。

次は上流側。

ストラクチャーに流れが当たり、流れがぶ厚く異様に速い。ミノーは流れに弾かれてアクションしないまま流れるだけ。

次は鉄板バイブレーションを使うが、沈下が速く深いレンジの下に巻き込むような速い流れに飲まれラインの回収が間に合わずスプールのラインがだわつく。

だわついたラインを巻き直す意味も込めて、鉄板バイブレーションからナレージにチェンジして浅いレンジを何度かテンションをかけながらラインを巻き直す。

さぁ…勝負だ。

上は足元に向かって伸びる強い流れ、下はストラクチャーに巻くような流れ。その中間にポケットのようなポイント。そこ、そこにいる。

ドアップに投げてポケットの中を探るようにバイブレーション流し込む…。

速く巻きすぎるとポケットに入らない、遅いと下に巻き込まれる。この日は風が強かったので、風をラインに当てるようにしてテンションをコントロールしながら丁寧にアプローチを重ねる。

ドスッ。

重いなにかがリールを巻く手を止める。

無意識に合わせを入れ、竿を絞り込む。

頭を振りながら下の強い流れに乗ろうとしているのが分かる。そうはさせない。

一気にリフトして上の流れを使って足元まで寄せてネットランディング…いや、やめよう。

モタついたら絶対に下に潜る。

少し走れば川原があるからそこで勝負!!

そこまでストラクチャーに潜らないように魚を止めたまま走って移動して一気に力を込めて川原にずり上げる。

今日は素敵な景色を見れただけで満足だった…自分の好きなポイントで竿が触れただけで満足だった…。

ありがとう。本当にありがとう。

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: