【実釣インプレ】シマノの「ゾディアス 264UL-S」を使ってみた!ソルトでも大活躍の高汎用性バスロッド

タグ: / / / /
2019年05月06日

シマノから発売されているバスロッドシリーズ「ゾディアス」。

高いコストパフォーマンスが魅力のロッドであるが、あらゆる釣りに流用できる汎用性の高さも兼ね備えている。

今回は同シリーズの中でも一番柔らかいモデルである「ゾディアス 264UL-S」をバス以外の様々な釣りに使用したので、インプレをお届けしていこう。

「ゾディアス 264UL-S」を使ってみた感想

感度の良いティップ

「ゾディアス 264UL-S」はソリッドティップを採用しており、感度に優れているのが特徴だ。

細かなアクションを出しやすいため、ワッキーリグやスモールラバージグなど、軽量のルアーを使用する際に適している。

「ゾディアス 264UL-S」はバスだけでなく、ソルトルアーゲームでも幅広く活躍してくれる。

アジングやメバリングなどのライトゲームはもちろん、オフショアのイカメタルゲームでも繊細なアタリを手元まで届けてくれた。

強くてしなやかなブランクス

「ゾディアス 264UL-S」は感度に優れたティップだけではなく、パワーのあるブランクスも魅力だ。

ライトゲーム中に60センチクラスのシーバスを掛けた際には、エラ洗いをうまく回避しながら余裕をもってキャッチできた

また、尺アジが掛かった先には堤防からの抜きあげにも成功。

強いだけでなく適度なしなやかさがあるため、口切れしやすい大型アジでも安心してやりとりができた。

ラインとの相性は

ゾディアスシリーズのガイドは、富士工業の「アルコナイトガイド」というガイドを採用している。

こちらはフロロカーボンやナイロンラインの使用を想定して作られたガイドであるが、PEラインやエステルラインを使用していても大きなトラブルなどはない

合わせるリールは

スピニングリール1000番~2000番がおすすめだ。

編集部はシマノ「アルテグラ2000S」を使用しているが、バランスもよく扱いやすい。

一本でなんでもやりたい方に

「ゾディアス 264UL-S」はブラックバスだけでなく、あらゆる釣りで高いパフォーマンスを発揮してくれる。

バスからソルトまで一本で済ませたい方には、自身を持っておすすめできるロッドだ。

同製品の購入を検討している方へ、本記事のレビューが参考になれば幸いだ。

Amazonで購入

この記事を読んだ人が次に読むのは

アジングやメバリングだけじゃない!汎用性が高いライトゲームロッド5選

【実釣インプレ】リーズナブルでトラブルレス!シマノの「17アルテグラ C2000S」をあらゆる釣りで使ってみた

【実釣レビュー】アンダー20,000円のベイトフィネス専用機!?テイルウォーク「フルレンジ」の驚愕の基本スペック

タグ: