トップページ>シーバス>表層からボトム、そしてドリフト!3つのルアーを使い分けて攻略したシーバスゲーム

表層からボトム、そしてドリフト!3つのルアーを使い分けて攻略したシーバスゲーム

タグ: / /
2019年04月06日

新元号「令和」が発表されましたね。日付が変わると同時に発表された「平成」とは全く違う、時代が進んでいるんだと実感した宗Death٩( ᐛ )و。

前回の釣行から、河川の様子も右肩上がりに調子を上げて来ていると感じ、マイクロベイトやストラクチャーとボトムが絡むポイントに着く魚を狙いに行ってきました。

ローカルポイントのシーズナブルパターンは各地、色々とあると思いますが、秋のハイシーズンの様なルアーサイズを落とすことなくドリフトの釣りで釣る。

コレがまた面白くハマってます。

勿論、必ずしも釣れるとは限りませんし数も沢山は釣れません。でも、気配の無さそうな雰囲気がエラ洗いによって一変する光景はたまりません!

曇り・下げ・風やや強く・桜満開

前日の夜に天気予報を調べると、干潮付近で雨予報だが風は弱いといった予報でしたので低気圧が重なって魚のテンションも上がるのでは無いかと、こちらのテンションも上がり気味。

日の入りと共にポイントに到着。薄っすらと明暗のコントラストが出始めているタイミング。リーダーとスナップをくっ付けている内に暗くなり始めた。

下げ5…6分あたりで既に水は無く、ストレッチの潮目が風により薄っすらと浮き上がっては消えたりする明暗とのクロスを表層レンジから魚を探る。

セットしたのは強気のフランキー120(クリアマグマホロ)表層系はそれしか持ち合わせて居なかった!!

反応が得られないので、魚は上のレンジを意識して無いと判断して流れの強いストラクチャー(橋脚)絡みのボトムに居そうな魚に狙いを変えて、ルアーはメガバスのワンテンマックス。

この辺りから北風が強まり、フラットサイドボディーが横風を受けて思う所にルアーを投げ込め無いので、ハイスタンダード120 に変更。

風を考慮してややアップにキャスト。明暗部と橋脚周りの深く掘れている辺りをゆっくりと流し込む。

リーリングスピードを少しずつ落としていき流す距離を伸ばしていく。

ラインスラックを取るだけのゆっくりとしたスピードでハンドルを回し、ルアーが暗い側にしっかり入った時に、流れて来るルアーを待ち構えて居た様にモンっ!としたバイト!

半信半疑だったので、ラインを張ってみたら首振りのサインを頂いたので迷わずフッキング。

ベイトを食べているトルクフルな魚。

推定60半ば。

短い地合いに突入してオマケのフッコ。

ベイトは視認出来ませんでしたが、ミノーで釣れた価値は高いと思いました。

今度はデイゲームで綺麗な魚を釣りたいと思います!

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: