トップページ>エギング>【実釣インプレ】ヤマシタの新作エギ「エギ王 LIVE」を使ってみた!前作と比べて進化した点とは

【実釣インプレ】ヤマシタの新作エギ「エギ王 LIVE」を使ってみた!前作と比べて進化した点とは

タグ: / / /
2019年04月15日

ヤマシタから2019年に新発売された「エギ王 LIVE」。

同社の人気エギ「エギ王Q LIVE」がモデルチェンジし、持ち味であるダート性能をさらに高めたエギだ。

今回はそんな注目アイテムを編集部が使用してきたので、インプレをお届けしよう。

何が変わったのか

シンカーの素材が変更

エギ王LIVEの一番の特徴は、シンカーの素材が鉛から錫に変更された点だろう。

比重の軽い素材を採用しているため、写真のようにシンカーのボリュームが大きくなっている。

カラーラインアップが刷新

また、モデルチェンジをきっかけにカラーラインアップが刷新された。

オレンジ、ピンクなど定番カラーをはじめ、幅広い状況に対応したカラーが豊富に揃っている

「エギ王 LIVE」を使ってみた感想

ダートのキレがアップ

エギ王LIVEは今までのエギ王Q LIVEに比べ、ダートアクションを出しやすくなった印象だ

そのため連続した動きで表層付近を攻める際も、水面へ飛び出にくくなっている。

フォール姿勢が安定

また、シンカーのボリュームが大きくなった恩恵として、フォール時の安定感も増している

タフなコンディションでも使いやすくなり、同社から発売されている「エギ王K」に近い使用感となった。

あくまでオールラウンドモデル

エギ王LIVEはベーシックな大分形のエギであり、エギの基本となる形状だ。

ダートさせやすい設計であることは間違いないが、そこに特化したモデルというわけではない。

あくまで状況を選ばず使えるオールラウンドモデルということを覚えておこう。

欠点のない基本の一本

エギ王LIVEは前作のエギ王Q LIVEを比べて、扱いやすく進化しているのは間違いないだろう。

ダート性能に注目されがちであるが、あくまでオールラウンドな一本であることを覚えておいてほしい。

同製品の購入を検討している方へ、本記事のレビューが参考になれば幸いだ。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【実釣インプレ】エサがずれないエサ巻きエギ!ハリミツの新作エギ「墨族 ONBU」を使ってみた

エギでアオリイカを釣ろう!初心者のための「エギングの始め方」徹底解説

タグ: