引き込まれる貴重映像!ポジドライブガレージのシンキングミノー「クレイジーツイスター80S」が出来るまで

タグ: / / / / /
2019年03月30日

出典:Behind the scene of lure making ールアーが出来るまでー – YouTube

普段、当たり前のように使用するルアーがどのような工程を経て作られているか意識したことはあるだろうか。

今回は、ポジドライブガレージ[POZIDRIVE garage]のルアーが作られる課程を撮影した映像を紹介しよう。

「Behind the scene of lure making ールアーが出来るまでー」

本動画は、ポジドライブガレージのルアーが出来るまでの課程を記録した貴重な映像だ。

ポジドライブガレージはレッド中村氏が代表を務めており、どれも個性的な形やアクション、カラーのルアーばかりが揃っている。

ロストしてしまうこともあるルアーだが、このような魂が宿る製作課程を見てしまうと、より大切に使いたくなることだろう。

作られているルアーは「Crazy twister 80S」

ルアーメイキング映像に登場するルアーは2019年3月発売の「Crazy twister 80S」。

「Crazy twister 80S」は、都市型河川に最適な小型のシンキングミノーだ。

リップの形状が大きいため、ルアーアクションや潮流の変化がわかりやすく誰にでも使いやすい。

映像ではシーバスを釣り上げているが、マゴチなどのフラットフィッシュ狙いにも使えそうだ。

ルアーができるまでの課程にも注目してみよう

ルアーなどの釣具製品は、完成にいたるまでに数多くの人間が関わっている。

お気に入りのルアーができるまでの課程に再注目しても面白いかもしれない。

この記事を読んだ人が次に読むのは

ロッドのメイキング映像!ペラペラのカーボンシートが1本の釣り竿になるまでの工程を紹介

ポジドライブガレージからシーバス用ルアー「フラットフラッター95s」が登場!ペンシルベイトとジグミノーの良さを融合した新機軸のルアー

ロッドの向き別のアワセを検証!セイゴゲームの注意点も同時に紹介

タグ: