トップページ>エギング>シビアなアオリイカに欠かせないエギ!?持っておくと武器になる「特殊形状のエギ」5選

シビアなアオリイカに欠かせないエギ!?持っておくと武器になる「特殊形状のエギ」5選

タグ: / / / / / /
2019年03月12日

近年はエギングを楽しむアングラーの数が増え、フィールドへのプレッシャーは年々増加している。

今回はそんなシビアな状況を攻略するのにおすすめの「特殊形状のエギ」をピックアップして紹介していこう。

イカの目線を変えられる

現在メーカー各社より発売されているエギの多くは、大分型とよばれる形状がベースとなっている。

跳ね上がりとダートのバランスが良く、堤防、磯、サーフなど状況を選ばず使用できる。

エギの基本の一本であり、ほぼ全てのエギンガーが所持している形状のエギだろう。

一方で、多くのアングラーが投げている大分型のエギは、イカが見慣れてしまって反応しない場合がある。

大分型のエギに反応がない時は、釣り場を移動する前に特殊形状のエギを投げてみるのがおすすめだ

イカの目線を変えられるため、渋い状況での貴重な一杯が獲れる可能性がある。

持っておきたい「特殊形状のエギ」

ダイワ「エメラルダス ステイ」

ダイワから発売されている、安定フォールがコンセプトのエギ。

一般的なベーシックタイプのエギよりも重量があるため、安定感だけでなく飛距離を出せるというメリットもある。

シビアな状況に強い要素が詰まっており、激戦区のフィールドでは欠かさず持っておきたいエギだ。

林釣漁具製作所「餌木猿」

林釣漁具製作所から発売されている、職人が一つ一つ作った昔ながらのエギ。

天然木素材を使用しており、メーカーもアングラーも予測できない不規則なダートを演出できる

アングラーの使い方によってエギのバランスが変わるため、自分だけのオリジナルエギを作り上げるという楽しさもある。

キーストン「早福型 邪道編」

キーストンから発売されている、抜群のバランス性能を誇るエサ巻きエギ。

冬のヤリイカ狙いで使用されることが多いが、ヤリイカに混ざって厳寒期の貴重なアオリイカを何度も釣り上げている実績がある

エサなしでも使えるため、春エギングのタックルボックスにも一本忍ばせておくと便利だ。

デュエル「EZ-Q キャスト」

デュエルから発売されている、シリコン製の足が生えたエビ型のエギ。

足の波動がオートマチックに誘ってくれるため、シャクらなくても糸ふけを回収するだけで釣れることもある

今春シーズンにリニューアルされており、生まれ変わったカラーラインアップにも注目したい。

ヤマシタ「エギーノぴょんぴょんサーチ」

ヤマシタから発売されている、リップがついた特殊形状のエギ。

跳ね上がりが抑えられているため、難しいことを考えなくてもイカのヒットレンジをキープし続けられる

初心者に好まれるエギだが、唯一無二のアクションを出せるため上級者の愛用者も多い。

シビアなアオリイカを攻略しよう

アオリイカ警戒心が強く、居場所がわかっていても抱かないというシチュエーションも珍しくない。

貴重な一杯を釣るためには、あらゆる状況に対応した攻めの引き出しを増やすことが重要だ。

本記事を参考にちょっと変わったエギを準備して、シビアなアオリイカを攻略してほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

エギのカタチには理由があった!漁師の知恵から生まれたエギの歴史と「型」を解説

春エギングをいち早く攻略!一足先に春のアオリイカを釣る4つの秘訣

エギでアオリイカを釣ろう!初心者のための「エギングの始め方」徹底解説

タグ: