海サクラ狙いのサーフが熱い!強風の中でも大活躍したジグとミノーとは

タグ: / /
2019年03月08日

2月末に型物が上がった情報が入り、60センチ越えのサクラマスを狙いに道南へ向かいました。

今回の状況は、

  • 天気:晴れ
  • 潮汐:中潮
  • 干潮:8時13分
  • 満潮:16時46分
  • 釣行時間:5時半から18時

6時20分頃から魚の反応が!

前日に天気予報を見ていると波高、風ともにそこそこ強いが普通に釣りが出来る状況だった為、迷わず釣り場へ向かった。

準備して夜明け前にとしやさんと合流し、明るくなるまで待機。

左から来る風が強くて波も高かった為、2人とも50gのジグを選択。

6時を過ぎてもしばらくの間は誰も釣れず、20分頃に近くの方がサクラマスをキャッチしていた。

それからはパタパタと釣れ始め、30分過ぎにとしやさんにヒット!

それからすぐに沖で自分にも掛かったが、バラしてしまった><

重量は測っていませんでしたが、ずり上げられた太い魚体は3キロは確実に超えている感じで、サイズは62センチ。

横目で羨ましいと思いつつ、ただ巻きしていたらやや沖でリールが止まった。

久々にこの感覚を味わいアワセを入れると沖で見えた魚体はそこそこの大きさで、バラさずキャッチ!

ヒットルアーはSSPジグの50g

今季は小サクラしか上げていない為、嬉しい1本(^.^)

その後はとしやさんが小サクラを1本追加し干潮に。

ただ干潮になってもポツポツと上がっており、10時過ぎまでは竿が曲がっている光景がたまに見えていた。

11時にとしやさんは納竿し、私は一旦、夕マズメに向けて休憩しました。

正直、休憩したことに後悔していた><

午後も何とか釣れたがサイズは・・・

15時に開始して午前の立ち位置とはまた違う場所で開始!

周りには誰もいなくて快適だったが、まだ波風は強かった為、先ずはジグで攻める。

反応は全く得られず、少し風が弱まってきた17時前にはミノーに変更して攻めてみた。

早速、1本掛かったが小サクラで波打ち際でバラしてしまう。

17時を過ぎてからまたヒットし、先ほどバラしたようなサイズの小サクラをキャッチ。

ヒットルアーはアスリートスリム 17SSV グリーンバックイエロー

それからも暗くなるまでミノーで攻めるも何も釣れず18時に撤退しました!

良い日に当たりましたが、午前は全体で30本は上がっていたイメージでしたよ!

この記事を書いた人

Take

Take

札幌在住で、季節に応じた魚を追いかけている。ショア(陸)、オフショア(船)のどちらも楽しむアングラー。夢はオヒョウを釣ること。
タグ: