手軽なアジングの初期装備を解説!アジングのファーストステップ講座

タグ: / / / / / /
2019年03月13日

アジングをはじめるにあたり、ロッドとリール以外にいったいどの様な道具が必要なのか疑問に感じる方もいることだろう。

新しいジャンルの釣りを始めるに時には、できるだけ出費も抑えたいのが釣り人の性というもの。

そこで今回は、「最低限これだけあればアジングができる」というテーマで、ジグ単体の釣りに必要となる装備を紹介しよう。

最低限必要な装備 -必須アイテム-

ジグヘッド

ジグヘッドはヘッドやフック部分の形状が多種多様に存在するが、まずはヘッドの形がラウンド型(丸いモノ)を選ぼう。

ラウンド型のメリットはイレギュラーなアクションをさせる以外は万能なところにある(フォールでも巻きの釣りでも安定)。

また重さは、1.0g程度のものが10個ほどあればナイトゲームは問題ないだろう。

ワンポイントアドバイス

お店でジグヘッドを選ぶ際には、できるだけ存在を感じ取りやすい形状のものをおすすめしたい。

  • ラインアイの部分がフラット(平坦)であれば、その部分がしっかりを水を受け存在を感じ取りやすくなる
    小さなヘッド部分ではあるが、形状の違いによって手元に伝わってくる感覚が驚くほど変わることを覚えておこう
  • 同じ重さのジグヘッドでも、シャンクの長さが異なるモノもある
    基本的にはワームのサイズに合せるべきだが、大き過ぎなければ特に問題はない

ワーム

ワームも非常に種類が豊富なため最初は迷うと思うが、まずはサイズが2~3インチ程度で細身の形状のものを選ぼう。

ワンポイントアドバイス

  • アジはエサを吸い込んで捕食するため、あまりにも太すぎるものや大きすぎるものは避けよう
  • ナイトゲームで使用する場合、「ケイムラ」は有効なカラーなためぜひとも所持しておきたい

メインラインのストック

不意の出来事でメインラインを失った場合、その時点で釣りができなくなってしまう。

せっかくの時間が台無しにならないように、メインラインのストックは所持しておきたい。

ジグ単の釣り(アジング)におけるメインラインは50~100mあれば充分に成立するため、購入時に全て巻いてしまうのではなく、下巻きなどで調整した残りを持ち歩くといいだろう

ワンポイントアドバイス

  • アジングでは軽いジグを投げたり操作する上で、ラインが細い方が利便性が高いため、とても細い0.3号前後のラインを使用する
  • ラインが細いとリールのスプール内にラインを巻き込みやすかったり、キャスト時のバックラッシュなどのトラブルも起きやすいため、慣れない内はラインのストックを持ち歩こう

リーダー

メインラインがPEライン、またはフロロカーボンの0.2~0.3号を使用する場合は、フロロカーボンの0.5号/2LB以上あるリーダーを使用しよう。

上記のものよりも細いラインはフッキング時のあわせ切れや、釣り上げた後に魚が暴れるとジグヘッドの結び目で切れやすいため、慣れないうちは避けたほうが無難だ。

ワンポイント

  • 道糸をフロロカーボンやナイロンの0.5号/2LB以上とした場合はリーダーは必要ない(例外が除く)
  • リーダーの長さは30cmほどあれば良いが、足元にテトラ等の障害物の張りだしているような場所があるときには少し長めに取ろう

ヘッドライト

これ無くしてアジングのナイトゲームは成立しないアイテムがヘッドライトだ。

近年は頭に装着するもの以外にも、さまざまなものが発売されている。

安全面での足元の把握や、作業中の手元を照らす上でもできるだけ明るく照らせる物を選ぼう。

ワンポイントアドバイス

  • バッテリー切れに備えて、変えの電池やバッテリーを携帯、もしくは車中に置いておくことをおすすめする

ライフジャケット

アジングといえば防波堤などの比較的平坦な場所で楽しむが、不意につまずいて落水したり、波が強く当たる場所では高波にも注意しなければならない。

釣りの安全を図る上で、ライフジャケットの着用を心掛けよう。

まずは最低限のものからはじめてみよう

海のルアーフィッシングの中でもアジングは、ポイントと道具さえ間違わなければ比較的魚に出会いやすいジャンルの釣りだ。

ルアーや仕掛け類は小型で量も少なくて済むため、場合によっては小さなBOXをポケットに忍ばせて釣りができてしまう。

徐々にお気に入りの道具を揃えて、気軽にアジングライフを楽しんでほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

よく耳にする「ジグ単(ジグたん)」ってなに?アジングのファーストステップ講座

ジグ単(ジグヘッド単体)での基本操作とコツを解説!アジングのファーストステップ講座

隣のアングラーはアジが釣れているのに自分は釣れない状況を脱却しよう!アジングのファーストステップ講座

タグ: