春エギングをいち早く攻略!一足先に春のアオリイカを釣る4つの秘訣

タグ: / / /
2019年03月04日

早春になると暖かくなる日が増え、春のエギングシーズンを意識する頃だろう。

しかしながら海の中はまだ冬であり、本格シーズンの到来はもう少し先となる。

今回は、そんな春エギングシーズン開幕前の貴重なアオリイカを釣るコツを紹介していこう。

一足先に春アオリを釣る方法

高水温のエリアへ行く

黒潮など暖流の影響を受けるエリアでは、他のエリアよりも一足先にアオリイカが接岸してくる。

また、このようなエリアでは一年中アオリイカが居着いており、時期に関係なく産卵が行われていることもある。

春アオリをいち早く捉えたいアングラーは、思い切って水温が暖かいエリア遠征してみることをおすすめする。

大潮のタイミングを狙う

一般的に潮が大きく動くとされる大潮の日は、産卵を意識した群れが沖から接岸するタイミングだ。

そのため、産卵を意識した大型の個体がまとまって接岸してくるXデーとなる可能性がある

春アオリの第一波を捉えたいアングラーは、大潮のタイミングを狙って釣行してみるといいだろう。

ベイトの豊富なポイントを狙う

産卵期のアオリイカはあまりエサを食べないといわれるが、ペアリングする前は積極的にエサを採っているケースがよくみられる。

そのため、ベイトとなる小魚を追って接岸してくることも珍しくない

イワシやアジなどのベイトが豊富に入っていれば、走りのアオリイカも一緒に接岸している可能性が大いにある。

最新の釣果情報を収集する

早春のアオリイカは数が少ないため、直近どこで上がったかという釣果情報の収集が大きなヒントとなる

最新の釣果情報は、釣果投稿型スマートフォンアプリ「ツリバカメラ」をチェックしてみよう。

過去の釣果もチェックできるため、ぜひ釣行の際には役立ててほしい。

価値ある一杯をゲットしよう

早春のエギングは厳しいシーズンであるが、誰よりも早く釣った一杯は別格の嬉しさがある。

本記事を参考に、周りのアングラーより一足先に価値ある一杯を手にしてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

低水温期のアオリイカはどう攻略する?早春エギングの基本を解説

選ぶポイントはこのふたつ!早春のアオリイカ攻略におすすめなエギ5選

【実釣解説】エギングは難しくない!知っておきたい基本事項と再現できるヒットパターンを紹介

タグ: