低水温期のアオリイカはどう攻略する?早春エギングの基本を解説

タグ: / / /
2019年02月28日


エギングのメインターゲットとなるのは、イカの王様であるアオリイカだろう。

一年を通じて狙える魚種であるが、冬から早春にかけての低水温期は攻略がとても難しいシーズンとなる。

今回はその中で低水温期のエギング攻略方について解説していこう。

アオリイカは高水温を好む

アオリイカは高水温を好むイカであり、水温が20℃を超えると活性が高まるといわれている。

そのため多くのアオリイカは水温が下がるとともに活性が落ち、沖の深場へ落ちていく。

中には浅瀬に残る個体もいるが、その数はとても少ない。

低水温期のポイントの選び方

低水温期のエギングを攻略するにおいて、1番重要なのはポイント選びだ。

暖流の影響を受けるエリアは、比較的水温が安定しておりイカの活性が高い。

また、捕食のために浅場に上がってくる個体も狙えるよう、深場と隣接しているポイントが良い釣果に恵まれる

低水温期のエギの選び方

エギカラーの選び方

基本的に活性の低いイカを狙う際は、カラー選びが重要な要素となる。

エギ下地にテープの種類には、虹、オレンジ、金、銀、赤、緑…などなどたくさんの種類があることはご存知だろう。

虹はオールマイティ、オレンジはハイアピールなどさまざまなな特徴がある。

数あるテープの中でも、冬のエギングに最も有効なのは赤テープだ。

赤テープのエギは低水温や、光量の少ない時、潮が濁っている時に特に有効で、冬は日照時間も短く日差しが弱いので昼間でも効果を発揮する。

また見た目の色が暗くなりやすいので、水の中でシルエットがハッキリ出やすくイカにアピールできる。

そのため、釣行の際は赤テープのエギをメインに、オールマイティに使える虹テープを欠かさずに持って行くことをおすすめする。

エギサイズの選び方

低水温期のエギングでは、3.5号を投げるのが基本だ。

この時期は1kgを超えるような大型がヒットする可能性あるため、大きなエギが役立つこと間違いない。

また、他にも見えているイカが小さい場合など考慮して2.5から3号も持っておくと安心だろう。

低水温期のアプローチ方法

低水温期のイカは、あまり動き回らずボトム付近でじっとしていることが多い。

そのため、キャストごとにしっかりとボトムをとることが重要となる。

また、低水温期のアオリイカは活性が低く、素早い動きについていけないのでシャクり方はあまり大きく跳ねさせないようにするのがコツだ。

また、ボトム付近を狙っていると、リーダーに傷が入りやすいため注意が必要だ。

シャクリなどの原因となってしまうため、少しでも傷が入っていたらすぐに結び変えるようにしよう。

小型はリリースしよう

エリアによっては一年中産卵が行われており、低水温期でも秋のような小さなイカが多く生息している。

300グラムに満たない小さなイカや、食べないイカはなるべくリリースしてあげよう。

価値ある一杯をゲットしよう

低水温期のアオリイカはとてもシビアであり、決してかんたんに釣れるというわけではない。

場所選びからエギの選択まで最適なアプローチができれば、きっと攻略の糸口は掴めるはずだ。

本記事を参考に低水温期のアオリイカにチャレンジし、価値ある一杯をゲットしてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

選ぶポイントはこのふたつ!早春のアオリイカ攻略におすすめなエギ5選

秋エギングに行く人は必読!リリースしたイカの生存率を高める4つの方法

タグ: