シーバスゲームにおけるバラシのケーススタディ!~ルアーに捧げるレクイエム~

タグ: / /
2019年02月14日

こんにちは!

月間10万アクセスの釣りブログ「淡路島ライフを運営しているスズシゲ(@szksghl)です。

今回はシーバスを短時間でバラしまくったのでその実釣レポートです。

この記事で誰かのバラしが1本でも減りますように。

そしてバラしまくった自分の無念が浄化されますように・・・。

ということで、早速実釣レポです!

夕マヅメ、怒涛の連発バラシからスタート

時期は12月中旬、場所は河川、時刻は夕暮れ。

何を投げようかな~と思ったら、とりあえずこのルアー。

タックルハウスのTKLM90SP、先発から抑えまで任せられるお守りルアーです。

この日は風のない穏やかな日で、水面には大量のゴミがプカプカと浮いています。

バラシのケーススタディ1「大アワセによるスッポ抜け」

このゴミにルアーを引っ掛けたくないな~と思いつつ、護岸際のアップクロスへキャスト。

秒1回転のスピードでリトリーブしながら、ときおりトゥイッチを織り交ぜます。

途中、ヌ~~ンと重くなり、「あれ?ゴミでも引っ掛けたかな?」と思うと突如ゴゴン!ゴゴン!という首振りがスタート!

「おわっ!一投目からシーバスやんけ!」と骨髄反射的に電撃フッキングを入れると、一気に軽くなる手ごたえ。

アワセが強く大きすぎ、シーバスの口からルアーが飛び出してしまったようです。トホホ。

バラシのケーススタディ2「強烈反転バイトによるラインブレイク」

まあ、シーバスを1匹掛け逃しても平気平気!

tklm90spがこの日のゲームで機能することがわかったので、ひたすら投げ続けるだけ!

先ほどのヒットとはコースを変えて、オープンエリアのアップクロスへキャスト。

このエリアのボトムはきっとカケアガリになっているはず・・・なんて思いながらリトリーブしてくると、突如ゴチン!という強烈バイト!

きた!

と思ったら軽くなる手ごたえ。

あれ?と思ってラインを回収すると、スナップの結束部分から千切られたリーダーが。

確かに、スナップとリーダーの結束でそこまで気を使わずラフに結んでいたかも・・・。

むう・・・やってしまった・・・。

バラシのケーススタディ3「足元でのファイトでストラクチャにシーバスが接触」

ちょっと心が折れたので、すこしポイントを休ませて再度エントリー。

三度目の正直、今度こそ獲るぞ・・・!

二度あるこ…

1匹目を掛け損ねたまったく同じコースを、tklm80のチャートで探ります。

tklm80はtklm90spと潜行レンジが近いため、代打での起用です(spは弾切れ)。

秒1回転でスローにリトリーブしてくると、突如グーッと重みが乗るアタリ!

初回のアワセ損ねの轍は踏まない!

ゆったりとほうきを掃くようなスイープなアワセで応対!

強烈に竿を曲げ、走る走る!

キラッと銀ピカに光るボディは50cmクラス、青物のようなスプリンターです。

いなして、いなして、寄せてきます。

やっと足元まで寄ったぜ・・・・!と安堵したそのとき、ルアーが水中の何かにガッ!!とスタッグします。

むむむ????と水中を覗き込むと、護岸から垂らされた太いロープにルアーフックが刺さり、シーバスが暴れている状態。

これはヤバイ!

とりあえずタモで掬おうと試みるも、空気を満足に吸わせていない元気なシーバスがおとなしくタモに入るわけもなく・・・。

陸上でバタバタとヤバイよヤバイよ~とやっていると、首振り1発でフックアウト。

二度あることは、三度ある・・・でした。

この後、三度あることは四度ない!ということで2本獲りかえしましたが、長くなったのでその話はまた後日!

以上、「シーバスのバラシのケーススタディ~ルアーに捧げるレクイエム~」でした!

インスタグラムでも「毎日釣果情報発信」などチャレンジしているので、よかったらフォローお願いします!

インスタグラム→「スズキシゲハル@淡路島ライフ

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
スズシゲさんの寄稿記事
タグ: