トップページ>その他>東北地方・ワカサギ釣りの聖地「岩洞湖」へ!寒い日はマイナス20度まで下がるらしいが・・・

東北地方・ワカサギ釣りの聖地「岩洞湖」へ!寒い日はマイナス20度まで下がるらしいが・・・

タグ: / /
2019年02月11日

どんな釣りにも聖地と呼ばれる場所があると思います。東北のワカサギ釣りの聖地と言えば、福島県の「桧原湖」と岩手県の「岩洞湖」。

この2つが有名です。

隣の県に聖地と呼ばれる場所があるなら一度は行ってみたい!

岩洞湖をホームとする友人に色々教えてもらい、ワカサギ解禁一週目の週末に予定を合わせて一緒に行くことに。

本州一厳寒の地と聞いたので、まずは温度チェック!

覚悟してきたのに秋田とそんなに変わらないな〜って思ってたら、友人曰く今日は暖かいらしい。

マイナス8度ですけど?

まるで小春日和のような言いよう。

本当に寒い日はマイナス20度まで下がるらしいから、マイナス8度なんて小春日和ですよね。

さすが聖地「岩洞」。

桁が違います……。

さて、初場所で何もわからないので友人オススメのポイントに入る事に。直近で一番釣れている場所らしい。

地元ではありえないくらいのテントの量にびっくり。さすが聖地ですね。

魚探でワカサギの回遊ルートを探しつつ、テントを設営してまずはカンパイ!!

皆んなでワカサギをやる時のもはや恒例行事。

なんで外で飲むビールって美味いんでしょうね?ノンアルでもめちゃめちゃ沁みます!!

ではでは、始めましょうか。

どんな仕掛けがいいか、それはワカサギに聞いてみないとわからないので、いつも地元で使ってる1号7本針の仕掛けにシンカー2.0gをセット。

魚探の反応は良かったので、すぐヒットするでしょ〜と気楽に待つが……釣れない!!

あーでもない、こーでもないを繰り返してようやくヒット。

思ったより難しいぞ、さすが岩洞!!

競争相手が多い分スレているのか、攻め方が間違っているのか、とにかく渋い。

う〜〜ん、難しい…。

だがら、面白い!!

渋いのは分かったので仕掛けをアレンジ。

シンカーを1.25gにして、仕掛け上部に0.2gのガン玉を打ってベタ底狙いのフカセ仕様。

手返しは悪くなるけど、手がたく一本一本狙った方が釣果に繋がるはず。

丁寧に丁寧に誘って誘って…

よし!!

デカイ!!!!

よしよし!バンバンいくぞ!!!!

………。

あんまり釣れないね?

魚探の反応もイマイチになったし…。

じゃ、やりますか!!

釣れない時は気分転換が大事。

俺はポトフ、友人達はステーキとホルモン鍋をそれぞれ作りあってお裾分け。

一息ついたら談笑タイム。

どうでもいい話や、真面目な話、その場で思いついた仕掛けのアレンジ方法などなど…。

釣れない時は焦ってもしようがないので、のんびりと過ごしながらポツポツと拾い釣り。

昼過ぎまで頑張った釣果はたったこれだけ。

50匹が目標だったんだけど、その半分以下。

う〜〜〜〜ん。

もう少し釣れると思ったんだけど。

まぁ、しゃーないっす!

次はいつも秋田でやっているようなエリア。

そこでリベンジだ!!

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: