【釣行レポート】年に一度のアジングの祭典!ルアマガソルト主催の「壱岐島アジ祭2018」に参加してきた

タグ: / / /
2019年02月15日

ルアーマガジンソルトが主催するアジングの祭典「壱岐島アジ祭2018 」。

アジングの聖地・長崎県壱岐市で行われたこちらのイベントに、ツリホウ編集部も参加させてもらった。

今回はそんなイベントの中で行われたアジングの大会「アジング王BATTLEオープン」の様子と、翌日に行われた「壱岐島アジ祭」で見つけた注目アイテムをレポートしていこう。

目次

  1. アジングの聖地で熱き戦い「アジング王BATTLEオープン」
  2. 各メーカーの注目製品がずらり!「壱岐島アジ祭」

アジング王BATTLEオープンに参戦

まずは本イベントの目玉である「アジング王BATTLEオープン」。

全国各所から凄腕のアングラーが集い、釣り上げたアジ5匹の尾叉長総計で競う。

  • ※釣り上げたアジの中から最も大きい個体を選別し、定められた匹数を用意すること(今回は5匹)をリミットメイクと呼ぶ

大会の優勝者は、豪華賞品とともに有名プロアングラーたちと戦える「アジング王BATTLE」本戦への出場権が与えられる。

壱岐市全体がポイントに

大会の会場は、なんと壱岐市内の全域。(一部の釣り禁止区域を除く)

壱岐島は全国屈指ともいえるアジの魚影を誇る地区で、市内の全域が一級ポイントだ。

スマートフォンの地図アプリとにらめっこしながら、エントリーできそうなポイントを探していく。

壱岐島のアジはどこにでもいる!?

今回は50人以上の一般アングラーが参戦。

大規模な大会であるため、実績ポイントはすでに先行者で埋まっている状況だ。

車で市内を走り回った結果、人がいない暗所のポイントで竿を出すこととなった。

まずはジグ単で表層を探っていると、一投目からヒット。

小型ながら幸先よく本命のアジをゲットした。

壱岐島はアジの魚影が凄まじく、一般的には敬遠されがちな暗闇のポイントにもたくさんのアジが潜んでいる

その後もアジのアタリは続き、竿を出してから数分でリミットメイク

しかし何匹釣っても同じサイズの小アジばかりで、とても大会で入賞を狙えるサイズではない。

このポイントでは小アジが無数に湧いており、その中から良型のみを狙って釣るのは至難の技であった。

良型アジを狙ってシャロー帯へ

取り急ぎリミットメイクを済ませた後は、さらなるサイズアップを求めて場所を移動。

堤防から離れ、大型のアジが回遊してきそうなシャロー帯にエントリーした。

フロートリグを用いて遠投し、沖のカケアガリに近づいてきた良型を狙う作戦だ。

遠投して沖のカケアガリ付近を狙っていると、狙い通りに25cmのアジがヒット。

ようやく勝負できるサイズのアジを釣り上げ、期待が高まる。

しかし後が続かず、再び小アジの猛攻に。

大型アジの回遊を信じて待ったものの、結局良型を5尾揃えることができないままタイムリミットを迎えてしまった。

いざ検量へ

釣りを終え、悔しさを噛み締めながら検量へと持ち込む。

こんな小さなアジであっても一尾一尾丁寧に計測してくれるルアマガスタッフのご厚意に感謝だ。

大会当日はギガアジこそ出ていなかったが、尺オーバーのアジをゲットしたアングラーもちらほら。

参加したアングラーのレベルの高さとともに、壱岐島のポテンシャルを実感させられた。

大会結果の詳細は、ルアマガ+のイベントレポートをチェックしてみよう。

【12月1日、2日】壱岐島アジ祭2018「アジング王バトルオープン戦」編【レポート】 – ルアマガ+|内外出版社

【次ページ】各メーカーの注目製品がずらり!「壱岐島アジ祭」

タグ: