トップページ>その他>ジャパンフィッシングショー2019は凄かった!各ブースの注目アイテムを紹介

ジャパンフィッシングショー2019は凄かった!各ブースの注目アイテムを紹介

タグ: /
2019年01月31日

今年も2019フィッシングショー横浜 (19日)に行ってきました!

今年はシーバスルアーメーカーの参加が例年より少なく、オフショアやショアジギ、渓流などなどのジャンルが満遍なく展示ブースが並んでいる感じに思えた。

先ずは一通り回って人気で人が多いブースは後で見る事にして、何処にどんな展示品があるかをチラチラと見ながら歩く

最初に見たブースは「ゴメクサス」

ゴメクサス

Amazonなんかでもよく見るハイコストパフォーマンスが魅力のハンドルノブやハンドルを作っている中国のメーカー。

パンフレットを見て参加しているのを知り、物を見たいとも常々に思っていたので、実際に話を聞いたり触ったりしたのですが、あの価格でデザインともに技術とコスパが凄いの一言でした。

アルミ削り出しでカラーバリエーションも豊富なのでカスタム心をくすぐる一品だと思います。

次に足を止めたのは…

ポリカーボネットを使って魚のレプリカを作成している「テヅカアートクラフト」

釣れた時の写真や画像、サイズや重量などからレプリカを作成するのだと聞き、技術とは凄い物だなと改めて感じました。

剥製の様なレプリカでした。

お次は去年も紹介した「デックスシェル」

防水ソックスやグローブなどを中心に展開しているメーカー。

展示即売を同ブースでしてくれるの、雨やルアー交換時でも指先が濡れずに寒い思いをしなくてもいい様にグローブを1つ購入してみました。

昨年に比べてブース内も人で溢れて、人に揉まれながら商品説明を受けて、なかりシュールな感じでした。

釣り専用の防水キャスティンググローブを早く作って欲しい!!!

お次は創立から40周年を迎える老舗ラインメーカーの「サンライン」

キティちゃんよりもキティさんな娘に惹かれてブース前まで

むしろキティちゃんを超えてきたキティさんだと思いました。

お次は「エバーグリーン」

EGグリップは、こんなに種類があったのね。

お次は「ツララ」

休憩に入る前のアキsan(エレクトリックイールショック)を捕まえて撮影。

アキsanの真似をしたら恥ずかしい顔になったので自粛。

毎年、ツラリスの成長を写真に収めているあましたが、人気が出過ぎて今年は断念しました。また来年。

お次は、オキアミや団子など釣り餌を主軸としている「ヒロキュー」

このポケベイトというアイテム。素材はオキアミで出来ていて、臭く無く、どんな方でも簡単で気軽に釣りが出来きちゃうという優れもの。

直射日光を避ければある程度の温度でも溶けたり崩れたりし難いそうです。

コレはエサ釣りをしない私でも、やってみようかなと思わせるアイテムでした。

お次は「ダイワ」

今年モデルチェンジした19セルテートを見に行きました。それ以外にも注目したのは大野ゆうきプロ監修のスライ110?

想像よりルアーボリューム(ファットな感じ)がある形状をしていて、よく飛びそうな重さ。ダーターカップよりのリップは使い易さを匂わせていました。

トークショーの合間に大野プロを捕まえて質問をさせて頂きました。

19セルテートの番手については、ある程度シーバスをやり込んでいるのであればイグジストの4000番でハイギアがオススメだそうで

回収スピードが速い、手返しのテンポが良くローギア並のパワーでもって強い流れやストラクチャーから魚を引き剥がす事が出来るそうです。良い物が欲しくなるので最初からハイエンドモデルを購入しても損は無いそうです。

スライ110Fは、数々の引き波系、表層系ルアーをプロデュースした中で、どれとも似付かない自信のあるルアーに仕上がったとの事。

最後には一緒に写真を撮って頂いたのでドヤっておきました。ありがとうございました。

お次は「邪道」

ブースが去年の倍くらい広くなり人気が上がってきているのでしょうか。

注目したアイテムは「冷斬〜レザン〜」。

メタルジグとスプーンのいいとこ取りと言ったアイテムだそうです。

雑にジョカジョカと高速ジャークしても前後に付けたアシストフックがラインを拾ってしまう事が無いように設計してあり、このアイテムは藤沢所長完全監修だそうです。しらんけど

最後はベイトロッドメーカーの「フィッシュマン」

今年の小野ちゃんも写真に収める事が出来ました。

なんでも社長はインフルエンザ、小野ちゃんは体調を崩しながらもフィッシングショー三日間をやりきったそうで、本当にお疲れ様でした。

その他に今年の夏に太刀魚ジギングを始めようと、ロッドを見たりカウンター付き両軸リールを見たりと眺めてから…

お次は「テンリュウ」

最後は私も去年一年間メインロッドとしてサンドウォーカーシリーズを使っている老舗ロッドメーカー。

いつもフィッシングショーやトークショーでしか聞けないお話を久保田sanにしていただきありがとうございます!

ツリホウも見ていますよ!と言って頂いて励みになります!頑張ります!写真は貰い忘れました!

こうして私の2019フィッシングショー横浜は終了しました。

月末には新年会ラッシュ

月末には新年会ラッシュが訪れ、

ロンジンフィールドテスターの坂井氏とサーモン氏(@salmonpink36)

ロッドティップを繊細かつ匠に表現するマコsan

コークハイをガバガバ飲みながら聞くサーモン氏

仕事終わりに駆け付けてくれた鹿san

素直に話を聞くゾーノsanと毎日釣りおじさん氏(@TJA_11)

太刀魚ジギングにチャレンジすると言った事を覚えておいてくれて、新年会のお土産にマコsanからジグを何本かプレゼントして頂けました。あとーんす(*⁰▿⁰*)

16時に集合して、気が付けば終電は無くなり同じお店に10時間居てポテトフライを3皿食べました。幹事のTJ氏ありがとうございました٩( ᐛ )و

これから大阪、東北、九州、愛知などでも大きな展示会が沢山あるので、時間を見つけて参加出来たらと思ってます。

買って良かった物のコーナー

タワー式電源タップタテ型コンセントで、ACコンセント8個+USBポート6個が使用可能。

時計、ヘッドライト、スマートフォン、コンデジなどUSB充電式の物が増えた分、コンセントが足りなくなるのでUSBポートが纏まっていると便利です。

パソコンや外付けHDD、ps4 周りののコンセントもスッキリしたようなしないような。オススメです。

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: