魚も調理できる!ガスバーナーと一緒に使いたいオススメ調理器具5選

タグ: / / /
2019年02月27日 (最終更新日:2019年02月28日)

遠征時などでは、釣りがさらに楽しくなるバーナーを愛用しているアングラーもいることだろう。

それらバーナーと調理器具を組み合わせれば、野外でも即席で料理に取りかかれる。

今回はガスバーナーと一緒に使ってほしい、筆者おすすめの調理器具を紹介する。

キャプテンスタッグ「スキレットフライパン」

近年、かんたんな調理に最適だと注目を浴びているスキレット。

キャンプなどで使う方が多く、コンパクトでありながら様々な料理に使えるスグレモノだ。

シングルバーナーで使うときは大きさに注意し、必要ならばシングルバーナースタンドも使用してほしい。

蓋やアルミホイルを使用することで、魚の蒸し焼きなども作れるこも覚えておこう。

冒険用品「ヨコザワテッパン」

筆者のイチオシ調理器具は、「冒険用品」から発売されている「ヨコザワテッパン」だ。

価格は少々値が張るものの、大きさが絶妙であり、焼くことに関してのパフォーマンスは文句なしだと断言できる。

釣り場で肉や魚を焼いて食べたいという願望を持つ方に特におすすめしたい。

油が垂れることがあるため、使用する際は少しだけ注意が必要だ。

ソト「アルミクッカーセットM」

お湯を沸かしたり軽めの調理をする上で、まず欲しくなるのがクッカーだろう。

ソトの「アルミクッカーセット」はOD缶とコンパクトバーナー「アミカス」を収納でき、コンパクトにまとめられる。

はじめての専用調理器具を探している方におすすめしたい製品のひとつだ。

キャプテンスタッグ「アルミ 風よけ ウィンドスクリーン」

直接調理とは関係ないが、釣り場は風が強いことが多く、その影響で火が消えてしまうことも少なくない。

そのような時のために、本製品のような風よけを準備しておくと快適にバーナーを使用できる。

折り畳みができるアルミ製のものはコンパクトで軽量なため、収納や持ち運びにも困らない。

ZAFIELD「ミニクッカースタンド」

少し大きめのやかんなどを使用すると、ゴトクの上では不安定になることがある。

そんな場面におすすめしたいのがクッカースタンドだ。

本製品の下にバーナーを置くだけで、安定した調理環境が即座にできあがる。

調理を快適、安全にするためにおすすめしたい器具のひとつだ。

調理器具ひとつで世界が広がる

調理器具は直接釣果につながるものではないが、長時間の釣りや遠征時には特に重宝する。

釣った魚を調理したり、肉やそのほかの食材で簡易的なバーベキューもするのも楽しい。

荷物が多くなりすぎないようにコンパクトを心がけながら、釣り道具と一緒に持っていくといいだろう。

火の取り扱いや調理場所に十分注意し、ルールやマナーを守って楽しい釣りにしてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

釣行時に大活躍するバーナーを紹介!お湯を沸かしてホットコーヒーを飲もう

コンパクトに収納&氷点下を持続するクーラーボックス「ハイパー氷点下クーラー」がとにかく凄い

近年流行中の「グランピング」とは?アウトドアビギナーがはまるワケ

タグ: