今年はシーバスの当たり年!?透明度が高くバイトが渋いときのリーダーセッティングとは?

タグ: / /
2019年01月27日

例年ならば釣れたらラッキーな厳寒期の1月

今年は何故か魚数は沢山居る。凄く釣れる。凄くワームで釣れる。

凄く釣れるので調子に乗っての連日釣行に行ってきました。

下げ・前中潮・すみ潮・南西の風

南風は暖かくて良いが下げ流れを止めてしまいタイドグラフの潮位よりも下げ切らないので、普段やらないスリット手前の明暗を暇つぶしにスリートラップでツラツラと巻いていたら2投目で即ヒット。

40有る無しのセイゴ。幸先良く今夜もかなりの数が入っていると確信。

一緒に入水した鹿sanはセイゴに見向きもせずストレッチを打った後はシェードの深いポイントにランカー狙い。私は、そのまま明暗で数釣りを続行。

投げるたび魚の身体にアタリ、カツカツ食らいついてくる。

水面を良く見ると、モジッて固まっているのはベイトでは無くセイゴの群れが明るい側に溜まっていて明暗の境と潮目にも待ち構えている様子。

その魚がいる「いい所」を通さないと反応すら出ない。

透明度の高い水色の場合やテールフック一本に触る程度の渋いバイトが出る状況の時は、リーダーを20lbから16lbに細くするとフッキングが良くなる時が多々あります。

小さなルアーを使う時やワームを使用する時も同じく、繊細なアクション=細いリーダーというイメージ。

ラインによるプレッシャーで食い付きが変わると思います。知らんけど。

餌を取り合う競争意識が働いているせいか、少しアピール強めのトラップシャッドでもパカスカと釣れ続くこと二桁勝利!

少し飽きて来たので鹿sanを追う様な形で追い越し、シェードの深いポイントまで下って同じ様にランカーを狙うが入るタイミング遅く潮目は遥か橋脚の向う側。

セイゴのコッ!としたアタリだけを頂き、スゴスゴと明暗に戻るが相変わらずのアジサイズをポンポンと釣り上げ、鷲掴みハンドランディングにて即リリース。

サイズが上がらないので、上流側に登りミオ筋のブレイク付近をレビンヘビーのハゼパターンで狙うが、風の影響で潮位が下がりきらずルアーがブレイクまで届かないまま干潮時間になった為、納竿しました。

産卵に絡む個体は房総半島に南下した様子でしたが、産卵に絡まない個体や川に居残る個体などは、冬の間に底バチやハゼ、アミなどを食べていることがが多く、全く魚が居ない事も無いようです。

今年は幸先良いので、このまま釣れ続く事をお祈りします。

買って良かったモノのコーナー

PEラインの編み込みを補助してくれる「ノットアシスト」。

コスパ最高です。7年位、使い続けています。

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: