家族や友人を誘ってみよう!どうしても魚釣りの楽しさを教えたい時に使う方法を紹介

タグ:
2019年01月26日

久しぶりの寄稿、少し新人の気持ちで書いていこうと思いますw

新人といえば、はじめて釣りをする方に皆さんは、どうしていますか?

よく聞くのが…

「昔、お父さんに釣りに連れて行ってもらったけど、待つばっかりで全然釣れない!」

「魚釣りって、待つばっかりでしょ!暇なんだよねw」

っとそんな事を言われます。皆さんは、経験がないでしょうか?

じゃ〜釣りに行ってみようよ!っと誘って確実に釣らせたい時。

魚影の濃いい場所で、沖磯なんかには行けないっというか、危ないところまで初心者を連れて行くわけにもいかない。

そんな時に紹介したいのが、穴釣り。

しかも、蟹釣り用の仕掛けもセットで用意すると確実性が上がりますよ!

ではでは、用意するものをまとめてみましょう!

用意するもの(穴釣り用)

  • 竿 (なんでもよし)木の棒でも可
  • リール(なんでもよし)木の棒を使用する場合は、無くても良い!
  • ライン(強いて言うならナイロンラインが良い)岩の擦れに強いため
  • 鈎 (鈎のお尻に結べるものがあると、初心者の方でもつけやすいと思います。)
  • ガン玉(2Bや3Bの重さがベスト)

集魚効果を発揮する蟹用

  • 秋刀魚 鯖など、脂が乗っている魚
  • 洗濯ネット
  • 木の棒
  • 石(おもり用)
  • ビニール紐

こんな感じかなぁ!

そして、釣り場に着いたら(石波止など)…

  1. 魚をおもり用の拾った石で潰します!
  2. ①を洗濯ネットに入れて、ビニール紐で結びます。ビニール紐を長めに取り、木の棒に括ります。
  3. 仕掛けが出来たら、穴に入れていきます!

ここで1ポイント、穴の中に入れる際に、底につけないようにしてください!

小さい蟹や貝の餌食になりやすく、洗濯ネットが破れやすくなるのと、魚が入るスペースを作ってあげることが大事です。

そして、しばらくして穴を覗いてみてください!魚が集まっていたら釣り開始。

入れ食いモード発動です!魚が食いつく瞬間を見ることもできるので、きっと魚釣りが楽しくなってくれるはずw

この記事を書いた人

CCB

CCB

岡山県の自称"釣りバカおじさん"。バスからフカセまで、幅広い釣りに精通。トーナメントにも参加する本格派アングラー。
タグ: