トップページ>オフショア(船釣り)>釣りの選択肢が一気に増える!はじめの1台におすすめの電動リール5選

釣りの選択肢が一気に増える!はじめの1台におすすめの電動リール5選

2019年01月10日

欲しいと思っていながらも、いざ購入するとなるとなかなか手が出ない電動リール。

決して安い買い物ではないため、購入する際は幅広く使える機種を選びたいことだろう。

今回はそんなはじめの1台におすすめの、汎用性の高い電動リールを紹介していこう。

汎用性の高い電動リール

ダイワ「シーボーグ 150J」

ダイワから発売されている、PEライン2号を200m巻ける小型電動リール。

ヒラメやマダイなど、水深50〜100m前後の船釣りで便利な1台だ。

小型ながら驚くべきパワーを誇り、太いラインを使えば5kgを超える青物とも余裕のやりとりができる

最適な釣りもの

  • タイラバ
  • タチウオ
  • ヒラメ

シマノ「プレイズ 400」

シマノから発売されている、PEライン2号を200m巻ける小型電動リール。

実売価格3万円台の入門向けモデルであり、船釣りの釣行頻度が低い方でも手に取りやすい

上位機種に比べるとパワーはやや劣るものの、手返しが釣果に直結する釣りでは大きな武器となるはずだ。

最適な釣りもの

  • イカメタル
  • アマダイ
  • カワハギ

ダイワ「シーボーグ200J-DH」

ダイワから発売されている、PEライン2号を300m巻ける小型電動リール。

微調整の効くフィネスドラグを採用しており、細いラインを駆使したテクニカルな釣りに適している

自重が軽いためルアー釣りにも人気が高く、タイラバやスーパーライトジギングなどでの愛用者が多い1台だ。

最適な釣りもの

  • タイラバ
  • スーパーライトジギング
  • タチウオ

ダイワ「レオブリッツ 300J」

ダイワから発売されている、PEライン3号を400m巻ける電動リール。

実売価格は4万円台とリーズナブルだが、最大10kgのドラグ力を誇るパワーモデルだ。

とくに関東エリアではこの番手の使用頻度が高く、幅広く活躍してくれる1台となるだろう。

最適な釣りもの

  • 船イカ全般
  • タチウオ
  • ワラサ(ハマチ)

シマノ「フォースマスター 2000」

シマノから発売されている、PEライン4号を400m巻ける電動リール。

汎用性が高く、エサ釣りからルアー釣りまであらゆる釣りに1台で対応できる。

10kg級の大型青物も余裕で浮かせるパワーを持っており、落とし込み釣りや電動ジギングに最適な1台だ。

最適な釣りもの

  • 電動ジギング
  • 落し込み釣り
  • 中深場釣り

船釣りを深く楽しもう

電動リールは高額なため、使用頻度を考えると手が出しにくいという方も多いだろう。

しかし、いざ購入すれば釣りの選択肢が一気に増えるため、買ってよかったと思えるに違いない。

本記事を参考にはじめの1台となる電動リールを選んで、船釣りをもっと深く楽しもう。

この記事を読んだ人が次に読むのは

いま電動タイラバがアツイ!ビーエムオージャパン(BMO)「リチウムイオンバッテリー」がマイバッテリーにおすすめの理由

エサ釣りもルアー釣りもOK!1万円前後で買える万能船竿5選

【釣行レポート】都市部で高級魚が大漁!?今話題の「北九州釣りいこか倶楽部」を体験してきた