トップページ>その他>ダイワから汎用スピニングリール「19セルテート LT」が登場!矛盾を可能にするモノコックボディを武装したハイエンドモデル

ダイワから汎用スピニングリール「19セルテート LT」が登場!矛盾を可能にするモノコックボディを武装したハイエンドモデル

タグ: / / / / / / / /
2019年01月09日

出典:TECHNOLOGY(CERTATE) | DAIWA FISHINGSHOW SPECIAL SITE(フィッシングショースペシャルサイト)

ダイワ[DAIWA]から汎用スピニングリール「19セルテート LT」が登場した。

絶大な信頼と人気を誇るセルテートが、LTコンセプトとなって新たな時代を切り開く。

「19セルテート LT」の特徴

出典:TECHNOLOGY(CERTATE) | DAIWA FISHINGSHOW SPECIAL SITE(フィッシングショースペシャルサイト)

本製品は古くからコアなファンが多いハイエンド・スピニングリールだ。

同社のフラッグシップモデルである「イグジスト」のひとつ下のクラスのモデルで、シマノでいえばツインパワーと同等のクラスとなる。

本機種に搭載されたテクノロジーと、前作から何が変化したのかを以下で紹介していこう。

「19セルテート LT」に搭載されたテクノロジー

出典:TECHNOLOGY(CERTATE) | DAIWA FISHINGSHOW SPECIAL SITE(フィッシングショースペシャルサイト)

本製品に搭載されたテクノロジーは以下の通りとなる。

  • モノコックボディ
  • マグシールド
  • タフデジギア
  • ストッパーレスボディ
  • LC-ABS(ロングキャスト-ABS)
  • ATD
  • ZAIONエアローター
  • エンジンプレート
  • シームレス新形状エアベール
  • 2BBラインローラー/ツイストバスターII
  • マシンカットハンドル/ハイグリップ軽量ハンドルノブ
  • パーフェクトラインストッパー

上記一覧を見ても、上記機種である18イグジストに引けを取らないリールであることがわかるだろう。

前作・16セルテートとの大きな違い

モノコックボディ/LTコンセプト

出典:TECHNOLOGY(CERTATE) | DAIWA FISHINGSHOW SPECIAL SITE(フィッシングショースペシャルサイト)

前作の16セルテートでは3500番と4000番のみにモノコックボディが採用されていた。

新作の「19セルテート LT」ではすべてのラインアップにモノコックボディを採用している。

モノコックボディとはボディ自体がフレームとしての剛性を持ち、ねじれやたわみに強く、省スペースを実現したボディのことだ。

出典:TECHNOLOGY(CERTATE) | DAIWA FISHINGSHOW SPECIAL SITE(フィッシングショースペシャルサイト)

高い剛性が売りであったセルテートだが、今作からはLTコンセプトとなっている。

LTコンセプトにより2500番のリールが240gから205gと35gも軽くなっているという。

「軽い=弱い」と感じでしまうが、ボディの素材は加工精度・耐久性の高いアルミ素材を採用しており、上の表を見ても前作16セルテートはおろか、イグジストよりも剛性があることがわかる。

これもロケットやF1マシンなどに採用されるモノコックボディの恩恵といえるだろう。

タフデジギアを採用

出典:TECHNOLOGY(CERTATE) | DAIWA FISHINGSHOW SPECIAL SITE(フィッシングショースペシャルサイト)

本製品には滑らかな回転がより長く続く「タフデジギア」を採用している。

「タフデジギア」はデジギアIIがさらに進化したもので、歯面精度は従来比でも10倍とのこと。

前作の16セルテートには搭載されていなかったテクノロジーであり、今作から新たに採用となった。

リールの心臓部ともいえるギアにタフデジギアを採用したことで、19セルテートの信頼性がより高くなることは間違いない。

マグシールドを搭載

出典:TECHNOLOGY(CERTATE) | DAIWA FISHINGSHOW SPECIAL SITE(フィッシングショースペシャルサイト)

本製品のピニオンギアとラインローラー部には「マグシールド」を搭載している。

16セルテートにも「マグシールド」は搭載していたが、モノコックボディ構造とストッパーレス化が施されたことで前作よりも高い防水構造になった。

ストッパーを排除

出典:TECHNOLOGY(CERTATE) | DAIWA FISHINGSHOW SPECIAL SITE(フィッシングショースペシャルサイト)

本製品は逆回転をさせるためのストッパーを排除した、ストッパーレスボディとなっている。

水や異物の浸入経路であるストッパーを取り除き、軽量化や防水性能、トラブルレス化に成功した。

ボディのサイズに注意しよう

本製品は今作からLTコンセプトのリールとなっている。

LTコンセプトは従来のリールとは番手が違うため、購入を検討する時には注意しよう。

まだLTコンセプトについて知らない方は、以下の「LTコンセプトの番手の読み方」についての記事を参考にしてほしい。

「19セルテート LT」のスペック

品名 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 適合PEライン(号) 価格(税抜)
LT2500S 205 5 0.6-200 48,500円
LT2500S-XH 205 5 0.6-200 48,500円
LT2500-H 205 10 0.8-200 48,500円
LT3000-CXH 210 10 1.0-200 48,500円
LT3000S-CH-DH 220 10 0.8-200 49,500円
LT3000 225 10 1.0-200 49,000円
LT3000-XH 225 10 1.0-200 49,000円
LT4000-C 235 12 1.5-200 49,500円
LT4000-CXH 235 12 1.5-200 49,500円

この記事を読んだ人が次に読むのは

【完全保存版】ダイワスピニングリールの新シリーズ「LTコンセプト」の番手の読み方まとめ

【実釣インプレ】軽すぎて不安になる!?ダイワの新製品「ブラストLT」をショアジギングで使ってみた

ダイワから汎用スピニングリール「レグザ」が登場!タフなソルトゲームに最適な高剛性モデル

タグ: