釣行時に大活躍するバーナーを紹介!お湯を沸かしてホットコーヒーを飲もう

タグ: / / / / /
2019年02月24日

寒い中釣りをしていると、「温かいカップラーメンを食べられたら」「温かいコーヒーを飲めたらいかに幸か」と感じたことはないだろうか。

ほっと一息つきたいときに持っておきたいのがアウトドア用ガスバーナーだ。

今回は釣りに使える便利なガスバーナーについて紹介していこう。

OD缶とCB缶とは

ガスバーナーを購入するにあたり、選択肢としてガス缶が2種類あることを覚えておこう。

  • OD缶(アウトドア缶)
  • CB缶(カセットボンベ缶)

カセットボンベは家庭用ガスボンベとしてもよく使われていることから、目にする機会も多いのではないだろうか。

CB缶はOD缶に比べ入手が容易で低価格なのが大きな特徴だ。しかし、OD缶の方が入っているガス成分の関係で火力が強く、外での使用に向いている。

よってアウトドア仕様の器具ではOD缶を使うものが多く、釣り具屋やアウトドア専門店などで入手しやすい。

OD缶のメリット

  • 火力が強い
  • 多くのアウトドア用製品と互換性がある

CB缶のメリット

  • 入手が容易(コンビニなどでも入手可能)
  • 価格がお手頃

※思わぬ事故に繋がらないよう、必ずメーカー指定のものを使用するように注意しよう。

おすすめのCB缶バーナー

ソト「レギュレーターストーブ ST-310」

本製品は、低温環境下での使用時に火力が低下してしまうCB缶の弱みを解消するマイクロレギュレーターを搭載しており、アウトドアでも安心して使用できる。

価格が安く、入手が容易なCB缶でありながらも安定した火力での調理ができるという特徴を持つ。

またコンパクトに収納できるため、荷物がかさばらず持ち運びにも大変便利だ。

ソト「シングルバーナー ST-301」

本製品は経済的なCB缶モデルながら、大きめの鍋も使用できる大型ゴトクを搭載している。

それでいて軽量・コンパクトという、アウトドアシーンに必須ともいえる携行性にも優れた製品だ。

おすすめのOD缶バーナー

ソト「アミカス コンパクトストーブ SOD-320」

本製品はコンパクトさと実用性に優れたモデルで、荷物を減らしたい方にも最適だ。

お湯を沸かしたり、かんたんな調理に必要最低限の大きさとなっている。

キャプテンスタッグ「シングルバーナー コンロM-7900」

本製品は人気の高いアウトドアブランド「キャプテンスタッグ」製であり、OD缶もキャプテンスタッグのものを使用できる。

十分な火力と、やかんも載せられる安定性で人気の高いバーナーのひとつだ。

価格や知名度なども考慮して、初めての方にもおすすめできる商品といえる。

ジェットボイル「バーナージップ」

本製品は釣り人をはじめ、多くのアウトドアファンに支持されているバーナーだ。

お湯を沸かすことに長けており、短時間でアツアツの熱湯を準備できる(ゴトク部分を使用すれば調理等も可能)。

価格は他製品に比べ少々高いが、信頼が厚いバーナーのひとつといえるだろう。

釣り場でホットコーヒーを飲もう

使用するガス缶にも種類があり、それぞれにメリットが存在するため、よく考えて選ぶことが大切だ。

寒い季節はバーナーがあるだけで、いつもの釣りがより楽しくなることだろう。

必ず各製品の注意事項を読み、事故などに注意し安全に楽しんでほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

電気の力で温かい「電熱ウェア」3選!冬場の釣りがよりアクティブに

冬の必需品「カイロ」の効果的な使い方を解説!快適な釣りへの第一歩

近年流行中の「グランピング」とは?アウトドアビギナーがはまるワケ

タグ: