夜とは違うアプローチで狙え!日中のメバルにおすすめのルアー5選

タグ: / / / / / / /
2019年01月08日

メバルは夜釣りのイメージが強いが、日中でも狙って釣れる魚だ。

日中のメバルは海底や障害物付近に身を潜めているため、夜とは違ったアプローチをする必要がある。

今回は、そんな日中のメバル攻略におすすめのルアーを紹介していこう。

日中のメバルにおすすめのルアー

ジャクソン 「ギャロップベイビー」

ジャクソンから発売されている、美しいフォールと飛距離が自慢のマイクロメタルジグ

日中のメバル狙いでは、ボトムを的確に攻められるマイクロメタルジグは欠かせない。

中でも同ルアーはフォールのアクションが美しく、メバルのリアクションバイトを誘発するには最適と言えるだろう。

タックルハウス「ローリングベイト ボトムチューン」

タックルハウスから発売されている、日中に有効なダート系プラグの定番。

中でもこちらはダブルフックを採用しており、根掛かり回避性能を高めたモデルだ。

チヌやコチ狙いに設計されているが、日中の大型メバルにも実績の高いルアーであるため、是非一つ持っておくことをおすすめする。

ブリーデン「ミニマル」

ブリーデンから発売されている、エギの形状をした小型プラグ。

ご覧の形状の通り、エギのようなダートアクションであらゆる魚のバイトを誘う

足元狙いで食ってこないときは、このルアーをキャストして広範囲を探るのがおすすめだ。

ダイワ「月下美人 小鉄」

ダイワから発売されている、メバルやアジ狙いにフォーカスした小型バイブレーション。

ただ巻きが基本となるが、日中はフラッシングを生かせるリフトアンドフォールが有効だ。

サーチ能力が高いため、ポイントに到着して第1投目に投げるルアーとしても頼もしい武器となるだろう

ラパラ「ジギングラップ」

ラパラから発売されている、足元狙いで力を発揮する小型ルアー。

元々は氷上からの穴釣りのために開発されており、ロッドの穂先を軽く動かすだけでキレのあるダートアクションを演出できる

普段ルアーに反応しない魚も食ってくるため、ひとつ持っておくと渋い時間も退屈することなく楽しめるだろう。

日中のメバルを攻略しよう

メバルは釣りものが少ない厳寒期にもアングラーを楽しませてくれる貴重なターゲットだ。

メバルの居場所を的確に攻められれば、20cmを超える大型も日中に狙える。

本記事を参考にルアーを選んで、日中のメバル攻略に役立ててほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【磯メバル攻略】冬のハイシーズンに突入!夕マズメ~ナイトゲームまでのルアー選択術

汎用性が高いのはどっち?メバリングロッドとアジングロッドの違いとは

冬の日中でも楽しめる!デイゲームでメバルを釣る方法を解説

タグ: