テーマ別

トップページ>ブラックバス>連載:編集部員おすすめバス釣りルアー【第2回 ティムコ グロッキー 70F/70SP】

キャプチャ (16)

3797アクセス 2015年09月12日

連載:編集部員おすすめバス釣りルアー【第2回 ティムコ グロッキー 70F/70SP】

キャプチャ (16)

出典:TIEMCO LURES グロッキー 70SP (サスペンド) | ティムコ

編集部員おすすめのブラックバスルアーを紹介していく本連載。第2回目は、今やポピュラーになったI字形ルアーの中でも、特に編集部員お気に入りの逸品、ティムコ[TIEMCO]の「グロッキー 70F/70SP [Groggy 70F/70SP]」をご紹介しよう。

ティムコ(TIEMCO) ルアー グロッキー G70F-09 ゴーストワカサギ
ティムコ(TIEMCO) (2012-07-26)
売り上げランキング: 167,107
ティムコ(TIEMCO) ルアー グロッキー G70SP-10 ゴーストオリーブワカサギ
ティムコ(TIEMCO) (2012-07-26)
売り上げランキング: 184,971

「グロッキー 70F/70SP」の特徴

見てわかるように、グロッキーの非常に特徴的な点はフックである。

通常、ハードルアーにはアイを介してフックが装着されているが、本製品はシングルフックが直接装着されている。これにより、フックが動き回ってボディに当たった時などに発生する不自然な音を徹底的に排除することが可能になり、スレたバスにも口を使わせることができるのだ。

ただし、その代償としてフックが直接装着されていることからフックが錆びやすいという欠点もある。フックは交換することができないので、使用後は真水で洗い、しっかりと乾燥させて保管するようにしよう。

「グロッキー 70F/70SP」の使い方

風や流れに乗せて、バスが潜むストラクチャー周辺や見えバスの目の前を自然にトレースするドリフトや、ただ巻きが基本的な使い方となる。I字形ルアーは、一見アクションせずアピール力が少ないと感じるかもしれないが、その集魚力は抜群なのである。

また、グロッキーには反射板が内蔵されており、トゥイッチを加えるとヒラを打ってフラッシングする。ただ巻きで寄せてきて、ここぞというときの食わせのアクションとして有効だ。

【次ページ : ウエイトをチューニングして幅広い水深を狙おう】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト